海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2018年1月19日号 エリアトップへ

「えびな還暦のつどい実行委員会」の実行委員長を務めた 吉部 由紀子さん 上今泉在住 60歳

掲載号:2018年1月19日号

  • LINE
  • hatena

パワフルに周囲を導く

 ○…60歳の還暦を迎えた人が”第2の人生”の門出を祝う「還暦のつどい」。海老名では8年前に県内初となる式典を執り行って以来、成人式と並ぶ一大行事になっている。そんな催しの企画・運営を行う実行委員会の委員長として、総勢8人のメンバーで4カ月間にわたり準備に励んできた。「見ず知らずの人と出会って会を結成し、一つの目標に向かって進んできた。上手くいかない時もあったけど最後には成功し、皆で拍手した途端涙が溢れました」と感無量の様子で語る。

 ○…実行委員になったきっかけは、青少年指導員を務める中で出会った委員経験のある先輩たちから推薦を受けたこと。最初は委員長までやろうとは思っていなかったが、人生で一度の機会だと考え手を挙げた。忙しいメンバーに配慮し、その場で決めなくてもよいものは宿題にするなど、時間通りに会議を終わらせることを心掛けていたという。委員たちは皆すぐに打ち解け、懇親の席を設けるほど仲良しに。こうした雰囲気の中で交わされた意見が、式典を成功へと導いた。

 ○…横浜市戸塚区出身。2人姉弟の長女で、大縄やゴム縄などの外遊びが好きなお転婆な子どもだった。中・高・短大時代はバスケ部に所属し、合宿時には企画書作成など率先して計画を立て周囲を引っ張った。短大卒業後は富士通に入社。物流の出入荷手配の業務を2年ほど勤めた後、夫と結婚し海老名へ。娘と息子に恵まれ、子どもが学校に上がるとPTAの副会長を務めた経験も。

 ○…趣味は10年間続けている登山。子育てが終わり何か打ち込めることを見つけようと思い立ち、旅行会社が主催する教室に申し込んだ。これまで富士山をはじめとする日本3大名山などを登ってきた。大切にしている言葉は、小学6年生の時に校長先生が話した「物事をやる時には果たしてこれでよいのか考える」。熟考する姿勢が最後まで全うする決意を育んでいる。

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

渋谷 陽司さん

「咲かせよう!座間のひまわりプロジェクト」のリーダーを務める

渋谷 陽司さん

座間市在住 42歳

7月10日号

小島 実和子さん

有鹿神社で「パンダ宮司」創作するなどして情報発信している

小島 実和子さん

海老名市大谷南在住 48歳

7月3日号

木口 真治さん

神奈川県 県央地域県政総合センターの所長に就任した

木口 真治さん

56歳

6月26日号

山口 珠美さん

代表を務める川柳サークルが3周年を迎えた

山口 珠美さん

海老名市国分北在住 55歳

6月19日号

橘川 好一さん

相和私立幼稚園協会の会長に就任した

橘川 好一さん

綾瀬市寺尾本町在住 65歳

6月5日号

大岡 愛さん

個人輸入したマスクに応援メッセージ動画をつけて座間市に寄贈した

大岡 愛さん

座間市在住 タレント

5月29日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

7月8日に全館再開!

ウイルス「ゼロ」ミッションで再稼働

https://ayase-bunka.com/

あやせ名産品のご案内

神奈川県綾瀬市の名産品店6店舗を紹介しています

https://www.city.ayase.kanagawa.jp/hp/page000031400/hpg000031386.htm

座間市立市民交流プラザ

7/25ジャズライブ、8/12~古城都の美と健康プログラム

https://zama-p.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月10日0:00更新

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク