海老名版 掲載号:2018年2月16日号 エリアトップへ

ロリアンの「保存クッキー」 なでしこブランドに認定 「いろはがるた」に続き2作目

社会

掲載号:2018年2月16日号

  • LINE
  • hatena
有加里さん(右)とクッキー缶を手にする女性スタッフたち
有加里さん(右)とクッキー缶を手にする女性スタッフたち

 市内東柏ケ谷にある創業53年の老舗洋菓子店「ロリアン洋菓子店」(小島将勝代表/【電話】046・231・1610)が手掛ける、備蓄保存クッキーがこのほど「神奈川なでしこブランド」に認定された。

 なでしこブランドは、女性が開発に貢献した商品・サービスを県内に拠点を持つ企業や団体から募集し、その中から優れたものを神奈川県が認定する事業。女性の活躍推進を目的に、2013年度から毎年度実施され、今回は15件が認定された。

 ロリアン洋菓子店が認定を受けた「街の洋菓子店が作ったおいしい保存クッキー」は、災害時の非常食として3年間備蓄可能なもの。この商品は、東日本大震災で被災し避難生活を送っていた通販客から届いた「たまたま3月11日に届いたロリアンのクッキーを非常食として持ち込み子どもたちに食べさせたところ、不安と恐ろしさから一度も笑わなかった子どもに笑顔が戻った」というお礼の言葉をきっかけに、”長期保存でき、その上おいしいクッキーがあれば、災害時の不安な時でも心の安らぎになるのでは”と震災の1カ月後から開発が始められ、6年間の歳月を経て完成した。

 将勝代表とともに店を営む夫人の有加里さんは、今回評価された点について「当店は女性スタッフが多いです。皆でクッキー缶のパッケージデザインを考えたり、試食をして甘みやサックリ感を調整しました。そのようなチームワークが評価されたのでは」と分析し、「この商品は着想から長い時間がかかったので認められて嬉しい」と話した。

 同店では15年度にも、海老名の史跡・歴史を綴った郷土かるたを題材とした焼き菓子「海老名いろはがるた」がなでしこブランドになっており、今回2作目の認定となった。

海老名版のローカルニュース最新6

親子でお金を学ぶ

親子でお金を学ぶ 教育

2月29日 有馬図書館で

1月24日号

合格願い祈願豆腐配布

合格願い祈願豆腐配布 教育

(有)富塚商事が受験生に

1月24日号

「発達障がい」とは

「発達障がい」とは 教育

2月16日 市文化会館で

1月24日号

ともに命を見つめる

がんを診断された人と家族の「交流カフェ」

ともに命を見つめる 社会

医師の内山夫妻が5年前から主催

1月24日号

日頃の鍛錬の成果を披露

日頃の鍛錬の成果を披露 社会

海老名警察署で武道始式

1月24日号

収穫米の寄付先を検討

大谷中学校

収穫米の寄付先を検討 教育

生徒が考え、教諭に提案

1月24日号

加藤登紀子コンサートwith Yae

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 12月6日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

23回目の「合唱のつどい」

23回目の「合唱のつどい」

26日 市文化会館で

1月26日~1月26日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク