海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2018年5月18日号 エリアトップへ

平成29年度海老名市PTA連絡協議会の会長を務めた 竹田 清人さん 東柏ケ谷在住 48歳

掲載号:2018年5月18日号

  • LINE
  • hatena

楽しみながら為せば為る

 ○…児童の保護者と教諭がともに組織するPTA。市全域にかかわる問題について協議連携しながら各学校単位の運営を尊重し、情報交換の場となるのが連絡協議会だ。「学校PTAのみならず、市の会長職までやらせていただき感謝。様々な事を学べた1年間だった」と達成感を表した。

 ○…娘の東柏ケ谷小学校入学時に父親の会「1089(とうはく)がんばり隊」が発足。教育現場について少しでも知ろうと、これに加入したのを機に積極的な活動が周りの目に留まり、PTAにも参加するように。「家庭はしつけ、学校は学びを任され、両者が一つとなり、子どもたちと向き合いサポートする団体。PTAに参加しなければ、地域の良い所にも気づかずにいたはず」としみじみと語る。

 ○…普段は電気自動車関連企業の代表取締役を務めている。高校生の時に「車関係の仕事がしたい」と進んだ末、新入社員からたたき上げで現在の役職まで駆け上がった。作り手としての現場職人からマネジメントの立場に変わったことで、より信頼関係の重要さを感じたという。「職場でもPTAでも、仲間の特長を生かせる環境を整えることに注力。会社の外に出れば、一人のお父さんになり人生の先輩は沢山いる。どの人ともコミュニケーションを図り、自他ともに成長できれば」と持論を展開する。

 ○…”どうせやるなら楽しく”がモットー。多忙を極める中でのPTAは地域とつながりが持てる唯一の時間。「活動は大変…というイメージが強いけれど、楽しい活動であることを伝え、多くの人に参加してもらいたい」。大きな夢は地球環境・地域貢献の為にかかわる人と世界を創造する事。小さな夢は、繋がれた人と酒を交わしながら良い地域コミュニティの醸成を図っていく事。

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

久留島 綾子さん

女性として初めて、えびな安全安心ステーションの指導員になった

久留島 綾子さん

安全安心指導員 60歳

4月3日号

服部 敬吾さん

収益を子ども食堂に寄付した「相武台前ちょい呑み」で実行委員長を務めた

服部 敬吾さん

座間市栗原在住 44歳

3月27日号

倉田 永輝さん

「K-1 Krush」でプロデビュー2戦目で初勝利した

倉田 永輝さん

海老名市柏ケ谷在住 18歳

3月20日号

吉間 哲矢さん

学習と自然体験ができる新しい形の塾「やおき塾」を営む

吉間 哲矢さん

座間市ひばりが丘在住 37歳

3月13日号

小南(こみなみ) 永二さん

消防団協力事業所に認定された株式会社コナンの社長を務める

小南(こみなみ) 永二さん

海老名市国分在住 47歳

3月6日号

桜林 裕子さん

バリアフリーのダンスサークルを運営している

桜林 裕子さん

海老名市国分南在住 66歳

2月21日号

あっとほーむデスク

  • 4月3日0:00更新

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク