海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2018年5月25日号 エリアトップへ

神宮司君(下今泉在住)が特賞 かながわ音楽コンクール

文化

掲載号:2018年5月25日号

  • LINE
  • hatena
トロフィーを手に笑顔の神宮司君
トロフィーを手に笑顔の神宮司君

 市内下今泉在住の神宮司悠翔(ゆうと)君が5月13日、大和市内で開催された「第34回かながわ音楽コンクール」ユースピアノ部門(幼児から高校生が対象)の本選に出場し、大賞・準大賞に次ぐ「ヤマハ賞」を受賞した。

 神奈川新聞社と同運営委員会が主催するこのコンクールは、音楽教育の向上や優れた才能発掘を目的に開催。参加数は県内最大規模かつレベルの高い大会とされている。神宮司君は3年前にも同部門に出場し、奨励賞の県議会議長賞を受賞している。今回は770人がエントリーし、本選では予選・準本選の狭き門をくぐり抜けた47人が腕を競い合った。

 自由曲演奏となる本選で、神宮司君はプロコフィエフの「ソナタ第2番ニ短調Op.14終(第4)楽章」を披露。神宮司君は「今まで沢山弾いてきた中でも思い切った演奏が出来た。表彰は嬉しいけれども、もっと人に聴かせる演奏が出来たら良かった」と受賞の喜びとともに、さらに上を目指す姿が見られた。

 神宮司君がピアノを始めるきっかけとなったのは、友人と音楽教室に通いグループレッスンに参加した5歳の時。本格的に「ピアノが好き」と言えるようになったのは、ここ2、3年のことで「弾ける曲が増えてきたのと、人前で披露するのが楽しくなってきた」と話す。現在は平日2時間、休日は時間がある限り練習を欠かさず、ピアニストへの道を歩んでいる。
 

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

初の女性指導員

初の女性指導員 社会

海老名駅西口に勤務

4月3日号

「地域の交通安全に」

「地域の交通安全に」 社会

日産座間事業所

4月3日号

大凧まつり中止

手作りマスク配布中

綾瀬市商工会女性部有志

手作りマスク配布中 経済

4月3日号

恵みの雪ふる

外出自粛の日曜

恵みの雪ふる 社会

花冷えの各地、人まばら

4月3日号

萩原氏を選任

萩原氏を選任 社会

海老名市 副市長

4月3日号

あっとほーむデスク

  • 4月3日0:00更新

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク