海老名版 掲載号:2018年6月8日号
  • LINE
  • はてぶ

大好きな本絵画コンテスト 畠山君(上星小1年)が全国共済賞 17日から横浜市内で展示

文化

参考にした絵本を手に笑顔の畠山君
参考にした絵本を手に笑顔の畠山君
 好きな本を題材に描く「第12回大好きな本 絵画コンテスト」(神奈川県読者推進会主催)で、上星小1年の畠山陽希(はるき)君が全国共済賞をとった。最優秀の県読書推進会賞1人、県書店商業組合賞2人、神奈川新聞社賞2人に次ぐ賞となる。

 このコンテストは、子どもたちに読書の楽しさを知ってもらうことを目的に開催されているもの。県内在住・在園の保育園や幼稚園の園児から作品を募集し、1879点から選ばれた。

 当時慶泉幼稚園の年長だった畠山君は、通っている絵画教室の講師の勧めを受け応募。大好物のオムライスを描きたいと本を探す中で、調理過程を楽しく紹介した絵本『オムライス ヘイ!』に出会い、おいしそうに描かれたオムライスを気に入り絵の題材に選んだ。

 紙いっぱいにクレヨンで大きなオムライスを描き、皿の右側に置かれたケチャップの蓋という細部にまでこだわった。当初はオムライスのみを描いていたが、絵画教室の講師のアドバイスを受けて笑顔の人々も描き加え、臨場感たっぷりの作品に仕上げた。受賞を受け、畠山君は「嬉しかった」とはにかみながら笑顔を浮かべる。

 畠山君が絵画教室に通い始めたのは1年前。幼少の頃から絵を描くのが好きで、3歳の時からカレンダーの裏紙に油性ペンで小さな絵を細やかに描いていたという。

 そのほかの市内入賞者は以下の通り(敬称略)。

■サクラクレパス賞/高森千遥、本良聡典、内野隼和、豊島穣

■優秀賞/田中翔太郎

 入賞作品は6月17日(日)から24日(日)にかけて、横浜市内の馬車道プラザみらいで展示される。

畠山君の受賞作品
畠山君の受賞作品

海老名版のローカルニュース最新6件

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

文化の秋、1000人超が披露

文化の秋、1000人超が披露

51回目の市民文化祭 18日から

10月18日~11月4日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク