海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2018年6月15日号 エリアトップへ

大谷中男子バスケ部 県選手権大会で準優勝 あと一歩、雪辱の夏をにらむ

スポーツ

掲載号:2018年6月15日号

  • LINE
  • hatena
準優勝した大谷中学校「男子バスケットボール部」のメンバー
準優勝した大谷中学校「男子バスケットボール部」のメンバー

 大谷中学校の男子バスケットボール部が6月2日と3日、9日の3日間で開催された「県中学生バスケットボール選手権大会」で準優勝に輝いた。県央地区を制した、背の高さを活かした攻守戦略と持ち味のチームプレーで、予選を勝ち抜いてきた強豪を次々に撃破した。

 同大会は、県内を8地域に分け4月に行われた春季大会で、各ブロック上位2校までが出場できるもの。男子の部には各地域を勝ち抜いてきた強豪16校が参戦し、トーナメント形式で実力を競い合った。大谷中男子バスケ部は県央地区で優勝したことから、今大会の出場を決めていた。

 大会初戦となった湯河原中学校(湯河原町)戦では実力の差を見せつけ、73対47で圧勝。続く2回戦の相手は前評判の高い横浜山手中華学校(横浜市)。最大のライバルと目していた同校との戦いは、攻守にわたり激しい試合となり49対38で接戦をものにした。

 準決勝は鵜野森中学校(相模原市)と対戦。持ち前の攻撃力が爆発し、前半から試合の流れを掴み、終始ペースを握ったまま80対44で大勝した。

 迎えた決勝は、新人大会で県制覇し、優勝候補筆頭の原中学校(横浜市)との一戦。大谷中は上背のあるメンバーが中心となり高さを活かした戦いで前半戦を33対28で優勢に進めたが、後半につれて運動量に差が出て、相手にペースを奪われ逆転を許し、54対63で準優勝に終わった。

 半田峻基キャプテン(3年)は「この舞台に立つことができて嬉しかった。でも勝ちたい気持ちもあったので、夏の大会では県1位になって関東大会に出場したい」と意欲を見せる。

練習メニューは生徒が考案

 大谷中の出場選手は小学生からミニバスを経験。役割を理解しプレーに活かせる頭脳とチームワークによる堅守が持ち味。練習メニューは半田キャプテンが考案しており、高校でバスケ部に所属する兄からアドバイスを受け、高校生を意識した高いレベルの練習を行っているという。今後は、今大会で課題となった体力面を強化し、夏の大会に向けて切磋琢磨する。

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

学校再開へ

学校再開へ 教育

6月1日から、夏休み短縮も

5月29日号

説明会に2陣営

綾瀬市長選挙

説明会に2陣営 政治

コロナ禍の実施、準備入念に

5月29日号

綾瀬と海老名で振込開始

綾瀬と海老名で振込開始 社会

特別定額給付金、1人10万円

5月22日号

現職18人が出馬意向

座間市議選本紙調査

現職18人が出馬意向 政治

中澤氏と加藤(陽)氏は引退へ

5月22日号

PCR検査を実施

海老名市医師会海老名市

PCR検査を実施 社会

コールセンター経由の予約制で

5月15日号

持続可能な地域医療へ

タウンレポート

持続可能な地域医療へ 社会

オンラインで感染リスク軽減

5月15日号

あっとほーむデスク

  • 5月29日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク