海老名版 掲載号:2018年7月6日号
  • LINE
  • hatena

オペラ「尼の泣き水」 踊り子役を募集 今秋上演の舞台で

文化

国分寺の昔話を再現
国分寺の昔話を再現

 市内を中心に文化活動を展開している「海老名芸術プロジェクト」は現在、今秋上演予定のオペラ「尼の泣き水」に出演する小学生を募集している。

 物語は海老名に語り継がれる昔話で、国分寺にまつわる尼と漁師の悲恋を描く。今回募るのは、村の子どもとして「さくら」「かごめ」などを踊る役。4年〜6年の女子10人。7月8日(日)に大谷コミュニティセンターでオーディション、15日(日)から5回の練習あり。参加費無料(浴衣持参)。本番は11月18日(日)に市文化会館などで行われる。

 同オペラの作曲者で自身も出演するソプラノ歌手・甘利真美さんは、「同じ舞台に立つことで、オペラを身近に感じてほしい」と参加を呼び掛ける。問合せは甘利さん【電話】046・232・3194へ。

海老名版のローカルニュース最新6件

意見広告「永井浩介」

人生100年時代に対応した福祉・医療対策を!

https://www.facebook.com/k.nagai.ebina

<PR>

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月15日0:00更新

  • 3月1日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク