海老名版 掲載号:2018年7月13日号
  • LINE
  • hatena

泥まみれで農業体験  総合学習の一環で

文化

一生懸命植え付けする児童ら
一生懸命植え付けする児童ら
 上今泉にある水田の一角で先月、上星小学校と今泉小学校の5年生合わせて約220人が田植え体験を行った。

 これは両校で行われている総合学習の一環で、今年で2回目。田植えや稲刈り、調理を体験することで、稲作の大変さや食の大切さを学ぶことが目的。

 当日は小雨が降る中、横一列になって一斉に植え付け開始。水田に入るのが初めての児童がほとんど。足を取られたり、転びながらも「泥の感触が気持ちいい」「難しいけどおもしろい」など思い思いに勤しんだ。

 また、水田の仕組みや水田に生息する生き物についても学習。お茶碗一杯分の米を栽培するのに約450リットルの水が必要であることを説明されると、児童からは驚きの声が上がっていた。

海老名版のローカルニュース最新6件

意見広告「永井浩介」

子ども達の今と将来の可能性を広げるために!

https://www.facebook.com/k.nagai.ebina

<PR>

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 2月1日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク