海老名版 掲載号:2018年11月16日号 エリアトップへ

平成30年度全日本卓球選手権大会マスターズの部(女子30歳以上)で優勝した 今福 麻奈美さん 中新田在住 35歳

掲載号:2018年11月16日号

  • LINE
  • hatena

「凡事徹底」に生きる

 ○…最終セットまでもつれ込んだ決勝の舞台。前回覇者という最強の敵を前に、ベンチコーチを務める夫と選んだ作戦は「攻めあるのみ」。会場が息をのむ空気の中、その攻撃で相手のミスを誘い、シーソーゲームのような展開に終止符を打ち、日本一の座を掴んだ。

 ○…全国優勝は以前にも経験。幼稚園から海老名の名門・リトルキングスで卓球を習いはじめ、小学生時代に初の全国制覇。高校は青森山田へ行きインターハイでベスト8入りした後、大学では国体選手として全国3位に。卒業後も社会人チームに所属し再び全国優勝を果たすなど、その経歴は輝かしい。「本当は学生時代で引退しようと思っていた。『やっと遊べる』と思ったのに続けてしまった」と冗談めかす。

 ○…あれよあれよと競技を続け、マスターズも4度目の全国挑戦になった。家事や仕事の合間しか練習ができないため、質には今まで以上にこだわった。練習は裏切らない―。誰もがそう知りながらも厳しい鍛錬を持続できる人は少ない。「最近、息子が卓球を始め『僕も強くなりたい』って言うんです。そうなって欲しいから背中を見せないと」と強力な後押しが背景にあったことを明かす。

 ○…家族だけでなく、周囲の存在も大きい。卓球の指導をしている生徒たちや、トレーニングの一つになっている習い事のダンスなど、関わる人が「皆人生の先生」となり、心の支えとなった。その中心となった夫からは「卓球もダンスも家事も子育ても全力でやる。パンクした時はオレにくるんですよ」と”愛のグチ”をこぼすも、その会話で見つめ合う姿が微笑ましい。最近は声の出し過ぎでポリープができ、年末に手術を控えている。「年末なら誰にも迷惑を掛けないから」と、どこまでも手を抜かない。

海老名版の人物風土記最新6

伊坂 重憲さん

神奈川福祉事業協会の会長を務める

伊坂 重憲さん

69歳

8月23日号

阿部 頼義さん

市内で活動するボランティア団体「グレースガーデンプロジェクト」の代表を務める

阿部 頼義さん

泉在住 37歳

8月16日号

阿部 洋秋さん

「海老名おやじの会」の会長を務める

阿部 洋秋さん

中新田在住 44歳

8月9日号

石渡 靖夫さん

海老名市歯科医師会の会長に就任した

石渡 靖夫さん

中央在勤 59歳

8月2日号

白石 さとみさん

えびなケアマネ連絡会の会長を務める

白石 さとみさん

柏ケ谷在住 58歳

7月26日号

小山 篤史さん

「雪でアソビナ」を企画・運営する

小山 篤史さん

上今泉在住 40歳

7月19日号

柳下 泰介さん

海老名市自治会連絡協議会の会長を務める

柳下 泰介さん

東柏ケ谷在住 71歳

7月12日号

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 6月21日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク