海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2018年11月23日号 エリアトップへ

大谷小、50年の節目迎える 11月17日には記念式典も

教育

掲載号:2018年11月23日号

  • LINE
  • hatena

 市内国分寺台にある「大谷小学校」(秋山範子校長/児童数564人)が今年創立50周年の節目を迎え、11月17日には記念式典が開催された。これは、学校側と50周年記念事業実行委員会(児島晴夫実行委員長=人物風土記で紹介)が協力し執り行ったもの。

 創立から半世紀を迎えた大谷小学校では、それを祝おうと昨年10月に「50周年記念事業実行委員会」を組織し、式典をはじめ様々な取り組みを企画実施してきた。

 この実行委員会に集ったのは、元・現PTAメンバーや学校長、学校応援団として活動する地域住民ら19人。計5回の会議を開き皆で案を練った。

 こうした話し合いを経て同委員会では、児童から50周年の標語とキャラクターを募ることを決め、それをモチーフにシール・キーホルダーなどのグッズや横断幕を制作。また、記念品として北棟校舎に電波時計を配置したほか、今年4月に撮影した航空写真を使いクリアファイルに仕上げた。そのほか、PTA父の会では普段児童が使う鉄棒などの遊具を塗装し直す作業も行った。

未来描く記念誌作成も

 11月17日には記念式典を開催。内野優市長や伊藤文康教育長らからお祝いのメッセージが送られたほか、5・6年生による合唱と合奏が披露された。この日は学校と実行委員会で編集した記念誌も配布され、この冊子には全児童の将来の夢が掲載されるなど、児童と大谷小学校の未来を思い描く内容となった。

 50周年に際し、秋山校長は「地域の方々や保護者の思い、諸先輩方が残しつないでくださったものが、教育活動を高め、子どもたちの心身の成長を豊かにするのだと思います」とコメント。

 児島実行委員長は「50周年を迎えられたのは歴代の校長先生と教職員の皆様の熱意あるご指導、歴代のPTA役員の皆様方の温かいご支援のたまもの。児童の皆さんも周年記念のキャラクターを考えていただいたように感性を引き出し、成果を出していることを嬉しく思います」と語った。

至高の休日スタイル

自然素材と本物であることにこだわり、お客様の価値観を仕立てる工務店

https://kato-koumuten.com/

<PR>

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

7施設が合同販売

7施設が合同販売 社会

綾瀬 障がい者通所施設

10月22日号

記念クッキー発売

海老名の洋菓子店

記念クッキー発売 文化

市制施行50周年を祝い

10月22日号

松苑書展に600作品

松苑書展に600作品 文化

海老名で10月28日から

10月22日号

「共創」実現へ、地ならしの1年

インタビュー

「共創」実現へ、地ならしの1年 政治

座間市 佐藤弥斗市長に聞く

10月22日号

防災講演会

防災講演会 社会

11月1日

10月22日号

着付けを学ぶ

着付けを学ぶ 文化

中新田コミセンで

10月22日号

綾瀬スマートIC近く家族葬式場

1日1組限定、完全か貸し切りの寛ぎ空間。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委員会質問時間No.1

https://www.jitsugen.jp/

新型コロナワクチン接種情報

10月24日(日)接種分からモデルナ社製へ変更となります。

https://www.city.ayase.kanagawa.jp/hp/menu000035600/hpg000035508.htm

太ひでし事務所

大和市大和東3-7-11大和東共同ビル101号

https://futori.net/

緑のある暮らしをサポート

剪定・刈込・伐採など植木のお手入れ承ります!

https://ueki-ya.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook