海老名版 掲載号:2018年12月7日号
  • LINE
  • hatena

水害対策で連携 海老名を含む6市町村

社会

各首長が情報を共有した
各首長が情報を共有した

 相模川流域の6市町村の首長が出席して、地域の共通課題を協議する「県央相模川サミット」がこのほど、座間市内で開かれた。今年度は新たな取り組みとして、流域における水害対策について協議した。

 サミットの参加自治体は海老名、座間、厚木、相模原、愛川、清川の6市町村。相模川の周辺自治体が抱える問題や課題の解決に向けて2009年にスタートし、今年で10回目を迎えた。

 この日は、今年7月に西日本で発生した豪雨災害を教訓に、サミットとして新たに水害への対策を連携して進めていくことを確認。各自治体の企画や防災所管の職員で構成される”防災専門部会”が事前に協議した課題をもとに、首長らが意見を出し合った。

 また河川専門部会からは、これまで継続して検討してきた相模川や中津川の河川敷でのバーベキュー区域有料化についても話し合われた。

海老名版のローカルニュース最新6件

意見広告「永井浩介」

人生100年時代に対応した福祉・医療対策を!

https://www.facebook.com/k.nagai.ebina

<PR>

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月15日0:00更新

  • 3月1日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク