海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2018年12月21日号 エリアトップへ

県相模川左岸土地改良区の理事長を務める 栁田 喜孝さん 杉久保南在住 77歳

掲載号:2018年12月21日号

  • LINE
  • hatena

皆の喜ぶ顔が見たいから

 ○…人生の半世紀以上を農業に注いできた。「自分の温室に入っている時が一番楽しいねぇ」と話す姿から滲み出る、穏やかで真摯な人柄が人々を惹きつける。市園芸協会のバラ部会長や生産組合長、農業委員会など、これまで地域の人に乞われ引き受けてきた役職は数えきれない。今年11月には事務局からの推薦で、相模川流域の水田に水を届ける用水路管理組織・県相模川左岸土地改良区の理事長に就任。「報連相を基本にしながら、雰囲気づくりに力を入れていきたい」と抱負を語る。

 ○…代々海老名に根ざしてきた農家で育った。有馬地域の学び舎で過ごし、小学校入学当初は戦後間もなく4人兄弟の長男だったことから、学業だけでなく農業の手伝いや弟妹の子守りもするという日々を送った。学生時代から”将来は家業を継ぐもの”と考え、地元の中央農業高校に進学。園芸科専攻で花き部にも所属し、花と野菜栽培に打ち込んだ。卒業後は学校で培った知識と技術を活かし、家業の米作りに加え、メロンやスイートピー、バラなども育て、人々を楽しませてきた。

 ○…現在のメイン事業となっているバラを手掛けたのは、結婚したばかりの26歳のとき。バラがブームとなっていた時代で、自身もその虜になった。講習会や本等から栽培法を勉強し、花屋や市場めぐりにも熱心に通った末、土づくりからこだわり育てたバラを市場に出荷する瞬間を「娘を嫁に出す気持ち」と例えた。

 ○…3人の子どもは独立し、今は妻との2人暮らし。父の背中を見て育った息子は、市内で半農として農業に携わる。「他の地域活動もあり、最近は忙しくてなかなか出来ないけれど、温室の中でじっくり”どうしたらいい花が咲くかな”なんて考えてみたいね」と、目を細める。

顔が見える安心、お葬式

地域で30年以上。お葬式、お仏壇、樹木葬も。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

吉田 義人さん

座間市議会の議長に就任した

吉田 義人さん

座間市ひばりが丘在住 52歳

10月23日号

相原 京子さん

3市にウエットティッシュを寄贈した宅建協会県央東支部の支部長を務める

相原 京子さん

(株)アイ・エステート社長 65歳

10月16日号

高澤 真奈美さん

市民団体「座間子育て応援プロジェクト」の代表を務める

高澤 真奈美さん

ひばりが丘在住 54歳

10月9日号

落合 顕也さん

海老名市消防団第14分団に加入した

落合 顕也さん

海老名市上河内在住 18歳

10月2日号

佐藤 弥斗さん

座間市長選挙で初当選を果たし、10月1日付けで座間市長に就任する

佐藤 弥斗さん

座間市小松原在住 50歳

9月25日号

久保 美絵さん

海老名市内で初となるフリースクールを開設した

久保 美絵さん

海老名市上今泉在住 43歳

9月18日号

地域の奉仕団体

タイへの介護用品寄贈やポリオ撲滅に力を入れています

http://www.ebina-rc.org/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク