海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2018年12月21日号 エリアトップへ

地元記者が厳選「あったね!こんな出来事」 2018年の海老名ニュースを振り返る

社会

掲載号:2018年12月21日号

  • LINE
  • hatena

【1月】市内・遊作農園のイチゴが県最高位に

 県内一の出荷量を誇る、海老名産のイチゴ。11日に開催された神奈川県いちご品評会・果実の部では、中河内にある遊作農園の「紅ほっぺ」が最高位となる県知事賞に輝いた。また、同品評の立毛の部では市内3農園が特選を受賞するなど、海老名のイチゴの矜持を見せつけた。

【2月】子育て支援を保健相談センターに集約

 妊娠中から児童・生徒まで、子どもの成長段階に合わせて切れ目のない支援を行うため、市は19日から教育委員会の窓口を保健相談センター(中新田377)に移転し1施設内にまとめた。「えびなこどもセンター」の愛称が付けられ、総合案内役のコンシェルジュも常駐している。

【3月】日本初・世界最大規模のセグウェイ体験施設がオープン

 立ち乗り電動二輪車・セグウェイで遊べるテーマパーク「SEGWAY BASE」が21日、海老名駅駅間地区ビナガーデンズ(めぐみ町512の4)に日本初オープン。全長1Kmという世界最大規模のコースが設けられ、舗装されていない道や坂などアトラクション感覚で楽しめる。12月28日(金)まで営業予定。

【4月】SAが50周年、イオンシネマ25周年

 海老名の象徴とも言える2施設が相次いで周年を迎えた。東名高速県内唯一のSAであり、”メロンパン”などで全国にその名を轟かす「海老名サービスエリア」は開設から半世紀に。さらに同一施設内に複数のスクリーンを備えた日本初のシネコンで、最高の音響と評されるTHX社の認定を日本で初めて受けた”伝説の7番スクリーン”のある「イオンシネマ海老名」が25周年となった。

【5月】ロマンスカーの博物館、2021年春に開業決定

 小田急電鉄(株)初の試みとして、「ロマンスカーミュージアム」が海老名駅隣接地(めぐみ町)にオープンすると決まった。1階は往年の車両展示、2階には電車運転シミュレーターやグッズショップ、カフェ、さらに屋上では小田急線を走行する列車が眺められる予定となっている。

【6月】アユの遡上が過去最多に

 初夏の風物詩「相模川のアユ釣り」が1日に解禁。5月13日時点での遡上数が1999年の観測以来、過去最多の約4530万尾を記録した。

【7月】自治会館に宅配ロッカーを全国初設置

 ネット通販や共働きの増加といった背景から社会的問題となった、宅配便の受け取り。この課題を解消しようと、国分中央自治会館に宅配ロッカー「PUDOステーション」が設置された。集会所に置かれるのは全国で初めての試みだった。

【8月】市内で初めて、九都県市合同の大規模防災訓練を実施

 首都圏を構成する九都県市(神奈川県・横浜市・川崎市・相模原市・東京都・埼玉県・さいたま市・千葉県・千葉市)の合同防災訓練「ビッグレスキュー」が、上郷の相模三川公園を中央会場として26日に市内初開催された。防災・医療関係の103機関が集結し、様々な実地訓練や炊き出しなどを行った。

【9月】DA PUMPメンバーのKENZO氏が市親善交流大使に

 ヒット曲「U・S・A」で現在話題沸騰中の男性ダンス&ボーカルグループ「DA PUMP」のメンバーで、世界的ダンサーとして前人未到の8年連続世界大会優勝を成し遂げてきたKENZO氏が24日に海老名の親善交流大使に就任。同氏が市内でダンススクールを運営している縁から任命の運びとなったもので、市をPRする踊り「EBINAダンス」の振り付けも行った。KENZO氏はこれまで安室奈美恵氏など有名アーティストの振り付けにも携わっており、DA PUMPとしては今年の紅白歌合戦にも出場する。

【10月】住宅・商業地の基準値価格、5年連続で上昇

 海老名駅西口の開発などからさらなる発展の期待が高まる海老名では、市内の住宅・商業地の平均価格が5年連続で上昇した。中でも住宅は大型商業施設・ららぽーと周辺の上郷地点で、商業地では河原口地点で大きな上昇が見られた。また、工業地においても昨年より平均価格が高まった。

【11月】秋の褒章で市内在住の松本みよ子さんが藍綬褒章を受章

 春と秋に発表される叙勲・褒章者。大谷南在住の松本みよ子さんが市内唯一、藍綬褒章を受けた。松本さんは防犯指導員歴33年で、現在も海老名警察署地域防犯連絡所連絡協議会の会長を務めるなど、長年にわたり地域の防犯活動に尽力してきた。また叙勲は、春に市民10人、秋は6人に贈られている。

【12月】オークラが「レンブラント」に生まれ変わる

ホテル御三家のひとつで、宴会や婚礼の場として市内外の人から愛されてきた「オークラフロンティアホテル海老名」が惜しまれつつ幕を閉じ、1日から「レンブラントホテル海老名」(中央2の9の50)に生まれ変わった。今年6月に(株)レンブラントホールディングスが、同ホテルなどを運営する(株)海老名第一ビルディングの株式を取得し子会社化ことを受けてのもの。初代総支配人に就任した永石あつし氏は「地域の皆様に心から愛されるホテルになれるよう努めてまいります」と語っていた。
 

顔が見える安心、お葬式

地域で30年以上。お葬式、お仏壇、樹木葬も。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

市長給与削減案 否決

座間市議会臨時会

市長給与削減案 否決 政治

反対9、賛成6、退席6

10月23日号

全国へあと2勝

綾瀬リトルシニア

全国へあと2勝 スポーツ

部員18人、50年目の挑戦

10月23日号

新たなイベント様式探る

新たなイベント様式探る 文化

10月31日に「あやせ復活!」

10月16日号

平野さんに正力松太郎賞

宗仲寺前住職

平野さんに正力松太郎賞 教育

幼児教育に長年尽力

10月16日号

あわや大惨事に

タウンレポート

あわや大惨事に 社会

94歳運転手、猛スピード横断

10月9日号

佐藤新市長が初登庁

座間市

佐藤新市長が初登庁 社会

コロナ対策「喫緊の課題」

10月9日号

地域の奉仕団体

タイへの介護用品寄贈やポリオ撲滅に力を入れています

http://www.ebina-rc.org/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク