海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2019年3月29日号 エリアトップへ

海老名市公示地価 今年も全項目で上昇 政令市に次ぐ伸び率

社会

掲載号:2019年3月29日号

  • LINE
  • hatena

 全国の住宅地と商業地、工業地などの公示価格(今年1月1日時点)がこのほど、国土交通省から発表され、海老名市の平均変動率は全項目で連続上昇していることがわかった。神奈川県内では政令指定都市(横浜・川崎・相模原)に次ぐ高い伸び率で、海老名のまちの発展性に対する期待値の高さがうかがえる結果となった。

 公示価格は土地本来の価格を示すため、国土交通省の土地鑑定委員会が標準地の1平方メートルあたりの価格を算出し、年1回公表しているもの。土地取引の目安や公共事業用地の取得価格を決める際などに参考にされる。県内の標準地は1787地点ある。

 県全体では昨年に比べ、住宅地は0・3%、商業地は2・4%、工業地は2・1%上昇した。都心へのアクセスに優れ、駅徒歩圏内で利便性が高く、地勢が平坦な住宅地では需要は堅調だが、利便性の劣る地域では人口減少や高齢化が進むとともに、地価も減少する状況となり”二極化”が進んでいる。

全用途平均で1・2%上昇

 海老名市では住宅地18地点・商業地3地点・工業地2地点の計23地点で調査が行われ、住宅地の変動率は昨年に比べ1%、商業地は2・7%、工業地も1・3%であり、全用途平均で1・2%上昇している。これは政令指定都市(横浜・川崎・相模原)に次ぐ高い数値となっている。

 市内1位の上昇率だった住宅地は「下今泉1丁目1119番180」の4・3%、続いて「国分南1丁目1956番1」が3・5%、「河原口3丁目143番5」も3・4%だった。

 商業地に関しては、県内では政令指定都市を除くと多くの市町村で横ばいまたは下落したものの、海老名市の数値は政令市以外で1番の上昇となった。また工業地は、4年前に全面開通したさがみ縦貫道路の影響などにより、周辺エリアである海老名市では堅調に伸びている。

 これを受け、市市街地整備課は「海老名駅西口の再開発による区画整備をはじめ、小田急電鉄(株)によるマンションや商業施設の建設など諸々の要因で人が集まり、海老名駅周辺に賑わいが創出されていることなどが影響しているのではないか」と話している。

<PR>

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

減少傾向続く

家庭系可燃ごみ4-12月期搬入量

減少傾向続く 社会

資源物の混ざり、大きな課題に

1月21日号

新品種で農水省局長賞

県いちご品評会

新品種で農水省局長賞 社会

中河内の橋本順一さん

1月21日号

「共創」の一年に

座間市年頭会見

「共創」の一年に 社会

日産など6者の協定でスタート

1月14日号

後継店誘致支援に意欲

綾瀬市

後継店誘致支援に意欲 経済

相鉄ローゼン閉店で、市長表明

1月14日号

3市とも開催へ

2022年成人式

3市とも開催へ 社会

感染症対策のため中学校別に

1月7日号

全国大会で優勝

綾瀬西高校

全国大会で優勝 スポーツ

今年結成の同級生チーム

1月7日号

綾瀬スマートIC近く

1日1組限定「おくりびと」がいる家族葬式場

https://www.fujimishikiten.co.jp/

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

海老名総合病院で働きませんか

未経験OK、夜勤出来る方歓迎。2/6、3/13にお仕事説明会

https://job.jinai.jp/recruit/rec_facilities/kanagawaken/ebinashi/ebina/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook