海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2019年6月28日号 エリアトップへ

武井いちご園「海老名イチゴ」 初挑戦は”二ツ星” 国際コンテストで高評価

社会

掲載号:2019年6月28日号

  • LINE
  • hatena
インタビューに応じる武井代表
インタビューに応じる武井代表

 「武井いちご園」(本郷5130)で栽培している”海老名イチゴ”が、ベルギーで開催された国際味覚審査機構(iTQi)のコンテストで「金星2ツ」の評価を得た。武井哲也代表は「旬の時期からずれこんでの出品となったが、挑戦した事には満足。また来年もチャレンジして次は三ツ星を狙いたい」と高みを目指す。

 国際味覚審査機構は、世界中の食品や飲料品の味を審査・表彰する機関で、ヨーロッパの権威ある調理師協会や国際ソムリエ協会の会員らが審査を担当。食品の優劣を競うものでなく、長所に焦点を当てて香りや食感、味覚などの基準で評価する。総合評点70点以上の食品は、点数に応じて3段階の星の数で表すことから「食品のミシュランガイド」とも言われているものだ。

 今コンテストにおいて、海老名イチゴは審査員から認められ二ツ星として「優秀味覚賞」を受賞。3年間にわたり、この称号をうたうことができる。

鮮度の保ち方に苦慮

 コンテストでは多くの加工品が出品される中、”生鮮食品”で挑んだ武井代表。旬の時期でないイチゴの栽培を調整し、最適の状態でベルギーに持ち運ぶために、苦慮したのが「輸送手段」。鮮度を保つために最新の特殊なナノバブルを使い、梱包にも工夫を施し空輸で現地に運んだ。

 コンテストを終えて武井代表は「あと少しで目標としていた”三ツ星”だったので非常に悔しいところ。普段の栽培でもそうですが、今回の出品に向けても多くの方に協力をいただいたので、感謝をしたい」と話した。

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

新年度に大規模改修へ

有馬図書館門沢橋コミセン

新年度に大規模改修へ 社会

来年5月にリニューアル

3月27日号

栄和産業に栄誉

経産省

栄和産業に栄誉 経済

ダイバーシティ経営を評価

3月27日号

古塩氏が出馬表明

綾瀬市長選

古塩氏が出馬表明 政治

市民文化センター再編に意欲

3月20日号

22年度以降も20歳対象

座間市成人式

22年度以降も20歳対象 社会

成人年齢引き下げ後も

3月20日号

効率化へ向け連携

座間市ごみ収集業務

効率化へ向け連携 社会

小田急、米企業と実証実験

3月13日号

頑張る飲食店を紹介

頑張る飲食店を紹介 社会

季刊情報誌が特設ページ

3月13日号

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク