海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2019年9月13日号 エリアトップへ

台風15号市内でも大きな影響 屋根の飛散や停電など

社会

掲載号:2019年9月13日号

  • LINE
  • hatena

 9月8日夜間から暴風が吹き荒れ、市内では9日午前2時29分に最大瞬間風速27・3mを記録した「台風15号」。

 市は6日、事前に「救急フェア(8日)」の中止を決定したほか、市内小中学校の登校時間の変更や、東柏ケ谷小の修学旅行・海老名小の野外教育活動の延期、地方の大会に参加していた海老名中吹奏楽部の延泊を決めるなど、台風に備える動きが見られた。

 市危機管理課は台風接近に伴い、夜間やピーク時での危険を回避するために、8日午後3時に市内全域に避難勧告を発令。コミュニティセンターなど市内12カ所に避難所を開設し、高齢者や要支援者らに対して自主避難や準備を呼びかけた。次いで4時には土砂災害警戒区域内の市民に対して避難を勧告。国分や本郷など10カ所の避難所には、高齢者を中心に63人が駆け込んだ。そのうち46人が午後8時までに訪れた。

 同課に寄せられた被害は、天窓の破損やトタン屋根が飛ぶなどの物的13件あったが、人的被害は無かった(10日時点)。

 消防出動件数は電線の垂れ下がりや火災報知器の発報など39件あり、海老名署には人工物の倒壊や落下物などの通報が10件あった。

 また、9日午前2時頃から市内広域で停電が発生したが、午後1時半ごろに全地区で復旧した。

 同課は「市民の防災への意識が高まっている。災害の際は、早めの勧告などで安全を確保したい」と話した。

 交通ではJRをはじめ、相模鉄道と小田急電鉄が計画運休を実施。JR相模線では早朝に泉1丁目付近の線路内に工事現場から足場が崩落したため、午前10時半過ぎまで運行をストップ。相鉄線も横浜市内での架線断線により全線での運休となった。3線が乗入れる海老名駅では再開を待つ利用客でごった返し、通学・通勤の足に大きな影響が出た。

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

議会日程

議会日程 政治

5月22日号

喜びの声続々

ブルーのエール

海老名市

ブルーのエール 社会

5月22日号

市ホームページに特設コーナー

【Web限定記事】綾瀬市教育委員会

市ホームページに特設コーナー 教育

「あやせの子どもたちへ」を開設

5月22日号

プロポーザルで売却

綾瀬市公有地

プロポーザルで売却 経済

スマートIC隣接

5月15日号

運動プログラムを放送

運動プログラムを放送 社会

【Web限定記事】神奈川県とジェイコムが連携

5月15日号

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

  • 4月24日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月22日号

お問い合わせ

外部リンク