海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2020年1月24日号 エリアトップへ

市消防本部 「救急出動」が過去最多 前年を超える7413件

社会

掲載号:2020年1月24日号

  • LINE
  • hatena

 2019年中の火災・救急・救助の災害概要(速報値)を、市消防本部が1月14日に発表した。救急件数・搬送人員・救助件数が昨年を超え、過去最多となった。まちの進展と高齢化社会に伴い、今後も救急需要の増加が見込まれる。

 2019年中の救急出動件数は前年119件増の7413件、さらに搬送人員も前年158人増の6920人でどちらも過去最多を記録した。

 出動内容は「急病」「一般負傷」「交通事故」「その他」の4項目で、そのうち急病が全体の65%と最も多かった。また、65歳以上の高齢者が最も多く、3719人と搬送者全体の54%を占め、入院を必要としない軽症者が3540人と224人増だった。搬送状況については円グラフの通り。

 火災件数は23件で前年比2件の増加。建物火災が最も多い18件で、火災による死者は3年連続0人だった。また、バイクなどの整備不良による車両火災は0件、枯草などの火災は4件だった。出火原因は「放火(疑いを含む)」が最も多く6件を占めた。

 救助件数は前年29件増の102件で、救助人員は30人で前年から18人減少した。そのうち建物内の取り残されなどが41件で前年から14件増加した。次いでその他が25件、交通事故が16件だった。

 市消防本部は「救急出動、搬送人員ともに過去最多となった。高齢者の割合も年々増加している状況のため、救急車の適正利用を心掛けて欲しい」と呼び掛けている。

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

5年ぶりに指定

綾瀬市指定文化財

5年ぶりに指定 文化

大法寺で発見の一塔両尊像

2月14日号

今年の文字は「祝輪」

座間市大凧まつり

今年の文字は「祝輪」 文化

200年続く伝統行事

2月14日号

事業継続に意欲

綾瀬市古塩市長

事業継続に意欲 政治

去就の明言は「3月に」

2月7日号

双方向で“フレイル”予防

座間市介護事業

双方向で“フレイル”予防 社会

3年で300人、じわり

2月7日号

重要文化財を守る訓練

市消防

重要文化財を守る訓練 社会

龍峰寺で市内初の実施

1月31日号

会員増強で初の日本一

海老名JC

会員増強で初の日本一 経済

前回2位の雪辱果たす

1月31日号

日本JCの組織拡大議長に

海老JC所属曽根氏

日本JCの組織拡大議長に 経済

海老名での実績認められ抜擢

1月24日号

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

  • 1月24日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク