海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2020年10月9日号 エリアトップへ

座間市 佐藤新市長が初登庁 コロナ対策「喫緊の課題」

社会

掲載号:2020年10月9日号

  • LINE
  • hatena
職員から花束を受け取る佐藤市長(右)
職員から花束を受け取る佐藤市長(右)

 9月20日に行われた座間市長選挙で初当選した佐藤弥斗氏(50)が10月1日、初登庁した。就任式では、喫緊の課題としてコロナ対策をあげたほか、「座間市のトップセールスマンにもなっていく」とも述べた。

 午前9時、佐藤新市長はベージュのスーツに身を包んで初登庁。市役所正面玄関に集まった市職員や支援者から拍手で出迎えられた。

 続いて行われた市長就任式で佐藤市長は「責任の重大さに身の引き締まる思い。市民の期待に応えたいという決意を新たにしている」とあいさつ。遠藤前市長の行財政改革を評価した上で「今までとは違った立場で、一つひとつの政策を丹念に検証したい」とした。風通しの良い市政運営を目指し、職員との面談を行っていく考えも明らかにした。

 喫緊の課題として挙げたのはコロナ対策。10月から、感染の可能性がある人の対応が保健所から身近な医療機関に変わることに触れ「医師会などと協議を進めて体制を整え、分かりやすい情報発信をする」と話した。

 また行政には「市民・企業・団体が課題を共有できるような創意工夫が求められている」とし、「座間市の素晴らしさを伝えるトップセールスマンにもなっていく」と決意を述べた。

副市長は検討中

 午後には初の記者会見が行われた。早急に取り掛かることとして「市長給与の20%削減」「発熱外来の設置に向けて医師会と協議」「プレミアム付き商品券の発行」の3つを挙げた。副市長人事については「慎重に検討している。国や県の情報を把握でき、議会運営の調整ができる方を探している」とした。

 公約に掲げていた公聴事業の充実と「市民の声を聞く」姿勢について市議会議員との違いを問われると、「市議は自らの立場や所属政党に影響される。行政の立場ではよりフラットに声を聞けると考える」と答えた。

 一方、公約実現の時期や財源捻出の具体策などに質問が及ぶと「就任直後」「自身の不勉強」と述べ明言を避けた。

記者会見に臨む佐藤市長
記者会見に臨む佐藤市長

地域の冷蔵庫として35年

スーパーなかや海老名店がリニューアルOPEN

http://www.nakaya-shouji.jp/index.html

新しい生活様式で運営中

公演情報を随時更新しています。

https://ayase-bunka.com/

あやせ名産品のご案内

神奈川県綾瀬市の名産品店5店舗を紹介しています

https://www.city.ayase.kanagawa.jp/hp/page000031400/hpg000031386.htm

顔が見えるお葬式

地域で30年以上。お葬式、お仏壇、樹木葬も。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

おでんナイト本日開催

海老名駅西口

おでんナイト本日開催 文化

すぐそばでイルミ点灯式も

11月20日号

早期治療で疫病退散

栗原神社シラカシの木

早期治療で疫病退散 文化

樹齢530年、ナラ枯れ回避

11月20日号

「想定以上の反響」

座間市アウトリーチ支援

「想定以上の反響」 社会

ひきこもりに専門家対応

11月13日号

20日からイルミ点灯

2千個のブルーライト、当日式典も

20日からイルミ点灯 文化

11月13日号

中止、自粛以外の選択肢も

タウンレポート

中止、自粛以外の選択肢も コミュニティ文化

新たな“イベント様式”、市民が実証

11月6日号

食堂が来年4月再開へ

座間市役所ふれあい会館

食堂が来年4月再開へ 社会

「やま」経営企業が運営

11月6日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

顔が見えるお葬式

地域で30年以上。お葬式、お仏壇、樹木葬も。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク