海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2020年10月16日号 エリアトップへ

3市にウエットティッシュを寄贈した宅建協会県央東支部の支部長を務める 相原 京子さん (株)アイ・エステート社長 65歳

掲載号:2020年10月16日号

  • LINE
  • hatena

誰かのためになる

 ○…県内不動産事業者約6700社、このうち海老名、綾瀬、大和の約320社が加盟する神奈川県宅地建物取引業協会(宅建協会)の県央東支部で支部長を務める。先ごろ、海老名市と綾瀬市に除菌ウエットティッシュ3千個を寄贈し、大和市にも届ける予定だ。支部長に就き2年半。「自分が引っ張っているというよりも、みんなで話し合いながら一緒に運営している感じ」。柔らかな語り口でそう話す。

 ○…1955年、海老名市国分南の生まれ。同級生には政治家が多く、代々続く農家の曾祖父と祖父、父の足跡は地域の郷土史に刻まれている。その歴史のひとコマひとコマには小さな付箋が貼られ、しなやかな指先で次々と頁をめくる。「代々地域にかかわった先祖のDNAを受け継いだみたい」。320社の支部長を引き受けたときの心境をそう表現した。

 ○…アパートの管理業務がライフワーク。18歳で就職した伊勢丹では新宿本店のエレベーター係を担い「そこからの5年で社会人の基礎を学ぶことができた」。結婚、2人の子育てを経て20年ほど前に宅建資格に挑戦し、一発合格した。その後、介護に明け暮れる日々も過ごして今に至る。大家に託されて管理するのは土地と建物だが、一人ひとりの入居者に寄り添うことも不動産業としての矜持という。

 ○…県協会の常務理事も務める。協会のゴルフコンペに参加するようになり「毎回ブービーメーカーの賞品をもらうのが悔しい」と、練習に通い始めた。尊敬する人物は戦後日本の復興で「両性の平等」を唱えたべアテ・シロタ・ゴードン。その姿勢において「誰かのためになることが生業」とする。定年退職した夫と暮らす秦野から、母と娘が暮らすふるさと海老名に通勤している。

地域の奉仕団体

タイへの介護用品寄贈やポリオ撲滅に力を入れています

http://www.ebina-rc.org/

<PR>

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

相原 京子さん

3市にウエットティッシュを寄贈した宅建協会県央東支部の支部長を務める

相原 京子さん

(株)アイ・エステート社長 65歳

10月16日号

高澤 真奈美さん

市民団体「座間子育て応援プロジェクト」の代表を務める

高澤 真奈美さん

ひばりが丘在住 54歳

10月9日号

落合 顕也さん

海老名市消防団第14分団に加入した

落合 顕也さん

海老名市上河内在住 18歳

10月2日号

佐藤 弥斗さん

座間市長選挙で初当選を果たし、10月1日付けで座間市長に就任する

佐藤 弥斗さん

座間市小松原在住 50歳

9月25日号

久保 美絵さん

海老名市内で初となるフリースクールを開設した

久保 美絵さん

海老名市上今泉在住 43歳

9月18日号

小梁川(こやながわ) 大介さん

eスポーツチーム「Leaps(リープス)」の代表を務める

小梁川(こやながわ) 大介さん

海老名市東柏ケ谷在住 30歳

9月11日号

地域で開業40年

テイクアウト用にお弁当や焼き餃子を販売中

http://5414.pr.arena.ne.jp/mn-id131/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク