海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2021年2月12日号 エリアトップへ

「要約筆記サークルあやせ」の代表を務めている 村上 佳織さん 綾瀬市上土棚南在住 38歳

掲載号:2021年2月12日号

  • LINE
  • hatena

多くの人に知ってもらいたい

 ○…音を文字にして耳の不自由な人に情報を伝える要約筆記のサークルを昨年6月、3人の仲間と立ち上げた。要約筆記に出会ったのは、綾瀬市が発行する「広報あやせ」に掲載された養成講座がきっかけだった。身近に耳の不自由な人がいたわけではなかったが「お知らせを目にした瞬間、これはやらなきゃ」と気持ちが湧いた。「市内在住の要約筆記者は私たちだけ。この活動をどんどん広めていきたい」と今後に意欲を示す。

 ○…横浜市で生まれ育った。3歳からピアノを始め高校を卒業してピアノメーカーに就職。仕事では調律も担当した。「手に職をつけたいと思っていたときに、小さいころからずっと好きだったピアノがふと頭に浮かんだ。自分の仕事で正しい音が出るようになったときにやりがいを感じた」と、当時を振り返った。

 ○…綾瀬市は夫の出身地。結婚を機にやってきた。夫とは共通の知人から紹介されて知り合い、車と音楽の共通点からすぐに意気投合した。週末には2人で車やバイクに乗りツーリングに出かける。「綾瀬市民歴40年の夫から魅力を聞きながら一緒に市内を回るのが楽しい。だんだん自分の住む街という実感が湧いてくる」という。

 ○…友人に要約筆記者を目指していることを話すと「障害のある人に音を届けたいんだね」と言われ、目指そうとした理由が明確になった。仲間とサークルを立ち上げたのは、聴覚障がい者の耳となる要約筆記を普及させるため。「市の講座で聴覚障害者の話を聞いたとき市内在住の要約筆記者、頼れる団体がそばにあることの大切さに気が付いた。これから多くの人に知ってもらえるように活動したい」と、新型コロナの終息を心待ちにしている。

安心のお葬式

地域で30年以上。お葬式、お仏壇、樹木葬も。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

堀内 愛華さん

難病と闘う自叙伝が出版された

堀内 愛華さん

海老名市杉久保北在住 22歳

4月16日号

池田 徳晴さん

公益財団法人座間市スポーツ・文化振興財団の理事長を務める

池田 徳晴さん

座間市広野台在住 72歳

4月9日号

宮本 正浩さん

宮本内科小児科の院長で、3月をもって引退する

宮本 正浩さん

座間市入谷西在住 79歳

3月26日号

池田 陽子さん

座間市「アウトリーチ支援」の専門相談員を務める

池田 陽子さん

座間市小松原在勤 67歳

3月19日号

棚原 忍さん

名門クラブのサッカーコーチをしながら、海老名のバーに勤務する

棚原 忍さん

綾瀬市小園在住 35歳

3月12日号

小林 覚さん

ナラ枯れ対策に取り組む市民団体「座間安全・安心推進会」の会長を務める

小林 覚さん

座間市入谷西在住 73歳

3月5日号

全国展開だから安心査定

ただいま査定額1.4倍!実施中です。

http://r-hibarigaoka.otakaraya.net/index.html

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

顔が見えるお葬式

地域で30年以上。お葬式、お仏壇、樹木葬も。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter