海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2021年10月22日号 エリアトップへ

「障がい者の雇用促進に」 綾瀬 ブライトピックが150万円寄付

社会

掲載号:2021年10月22日号

  • LINE
  • hatena
古塩市長に目録を手渡す志澤さん(右)
古塩市長に目録を手渡す志澤さん(右)

 綾瀬市吉岡の養豚業、有限会社ブライトピックの志澤勝会長(77)が13日、障がい者福祉に役立ててほしいと現金150万円を綾瀬市に寄付した。志澤さんは「障がい者の雇用促進に活用してほしい」と、古塩政由市長に目録を手渡した。

 志澤さんは1965年(昭和40年)に個人で養豚業を創業。現在は千葉県にも生産拠点を広げている。創業当初、家畜の餌となる残飯を引き取りに行った横浜市内の障がい者施設で手足が不自由な人を見て「自分も頑張ろう」と勇気づけられた。「経営が軌道に乗ったら必ず寄付をする」と決めて仕事に励み、16年前から寄付活動を続けているという。

 千葉県内の事業所も含めて現在は20人の障がい者を雇用する志澤さんは「障がい者の就業はマッチングと個々の能力を見ることが重要。できることや得意なことを生かして仕事に就けば長く続けられる」と話す。

 市によると、綾瀬市内には約3800人の障がい者がいて毎年50〜70人のペースで増えている。障がい者が働く地域作業所もあることから、古塩市長は「手作り品やパンなどの販路拡大に役立てたい」と話した。

 ブライトピックで飼育した豚は、高座豚手作りハムで販売されている。

<PR>

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

聴覚障害者との接し方を学ぶ

聴覚障害者との接し方を学ぶ 社会

1月28日 総合福祉会館で

1月21日号

マンホールカードを配布

マンホールカードを配布 社会

えび〜にゃハウスで

1月21日号

夢乗せて「出発進行」

座間市「双龍」

夢乗せて「出発進行」 社会

コロナ禍逆手に宴会場を改造

1月21日号

節分そばの準備着々

節分そばの準備着々 社会

座間市蕎麦商組合

1月21日号

大人の仲間入り祝福

大人の仲間入り祝福 社会

座間市障害者団体連合会

1月21日号

冬空に響く和太鼓の音

冬空に響く和太鼓の音 社会

ふたば愛子園

1月21日号

綾瀬スマートIC近く

1日1組限定「おくりびと」がいる家族葬式場

https://www.fujimishikiten.co.jp/

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

海老名総合病院で働きませんか

未経験OK、夜勤出来る方歓迎。2/6、3/13にお仕事説明会

https://job.jinai.jp/recruit/rec_facilities/kanagawaken/ebinashi/ebina/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook