(PR)

知っておきたい脳のお話【6】「糖尿病が”脳卒中の発症リスク”を高める!?」取材協力/えびな脳神経外科

掲載号:2018年2月9日号

  • LINE
  • はてぶ

 高血糖状態が続くことで、腎臓・手足の神経・目の網膜などに悪影響を及ぼす「糖尿病」。様々な合併症を引き起こす糖尿病だが、日本の死因上位である「脳卒中」の発症リスクをも高めてしまうことはご存じだろうか?今回は「糖尿病と脳卒中の関係」を、脳疾患治療の専門医・尾崎聡院長に訊ねた。

 ―糖尿病だと「脳卒中」になりやすいのですか?

 糖尿病はインスリンの分泌が悪くなることで血液中にブドウ糖が溜まり、高血糖状態が慢性化する病気。この状態が続くと血液はドロドロになり、血管の壁が傷ついて動脈硬化の進行につながります。脳の血管が詰まったり狭まって血流も悪くなることで、脳卒中の発症リスクが高まってしまうのです。糖尿病の方が発症しやすいのは、脳卒中の中でも「脳梗塞」。発症リスクを減らすために糖尿病予防・改善は欠かせません。

 ―糖尿病は予防できる?

 遺伝でなく生活習慣が原因の場合は予防できます。大切なのは食事と運動。食事は腹八分目で、野菜などの食物繊維を豊富に摂取。散歩など毎日気軽に続けられそうな運動にも取り組み、ストレスをため込まない生活を心掛けましょう。

えびな脳神経外科

海老名市下今泉4-2-14 1階

TEL:046-236-2188

http://www.ebinou.com/

  • LINE
  • はてぶ

海老名版のピックアップ(PR)最新3件