ホーム > 座間版 > ローカルニュース > 振り込め詐欺撲滅に一役

座間

振り込め詐欺撲滅に一役

警察署に大凧を寄贈
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
大凧保存会の会員が作成した。正面玄関の横に設置されている
大凧保存会の会員が作成した。正面玄関の横に設置されている

 座間市大凧保存会(鹿野正士会長)は1月30日、「振り込め詐欺 撲滅」と力強く書かれた大凧を座間警察署(吉武秀幸署長)に寄贈した。大きさ3・6m四方で、畳8畳分にもなる大凧は正面玄関の脇に飾られており、通行人に注意を呼びかけている。

 同会ではこれまでにも、APECの成功や暴力追放を呼びかける大凧を、同署へ寄贈してきた。今回は、振り込め詐欺の被害が後を断たない現状を受けて作成された。

 鹿野会長は「悪質な手口でお年寄りをだますなんて絶対に許せないことです。会員みんなで力を合わせて作りましたので、振り込め詐欺を防ぐ一助になればいいですね」と期待を寄せている。同署は「歩道からも見やすく、防犯意識の更なる向上につながると思います」と話していた。
 

関連記事

powered by weblio


座間版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 大和
  • 海老名
  • 綾瀬
  • 座間
  • 厚木
  • 愛川・清川
  • 伊勢原