ホーム > 座間版 > ローカルニュース > 議会改革に市民目線を

座間

座間市議会

議会改革に市民目線を

住民向けにアンケート調査
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
議員が手配りするアンケート用紙
議員が手配りするアンケート用紙

 座間市議会(長谷川光議長)では、議会改革に市民の視点を取り入れようと、2月から地域住民にアンケートを実施している。手作りの用紙を議員自ら市内1万800世帯に配るもので、来週中には配布が完了する予定。締め切りは3月31日(木)。

 調査項目は、市政への関心の有無、選挙で投票した議員の活動の満足度、開かれた議会にするために必要なことなど。他の自治体で特定のテーマに絞ったアンケートはあったが、今回のように総合的な調査は県内初となるという。 

 対象世帯は、各地域に偏りが無いように配慮されており、市内全体の約2割に相当する。市公民館や北・東地区文化センターなどの公共施設にも置かれているため、配布されていない人でもアンケートを出すことが可能だ。提出の際は、用紙に添付されている返信用封筒で郵送する。

 同議会では、平成20年の選挙から定数を2人削減したほか、昨年8月に「議会改革調査検討会」を創設し、積極的に改革を推進してきた。市民アンケートも、「更なる改革のために、市民と真剣に向き合いたい」という思いのもと実現した。検討会の会長を務める中沢邦雄議員は「(アンケートは)議員一人ひとりが配り、新たな税金は使用しません。結果は今後の議会改革に役立てていきますので、ぜひ率直な意見をお寄せ下さい」と協力を呼びかけている。

 問合わせは同議会事務局【電話】046(252)8872まで。
 

関連記事

powered by weblio


座間版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

子育て応援シンポ

子育て応援シンポ

情報交換会も

3月23日~3月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 大和
  • 海老名
  • 綾瀬
  • 座間
  • 厚木
  • 愛川・清川
  • 伊勢原