ホーム > 座間版 > ローカルニュース > おもちゃに再び輝きを

座間

おもちゃに再び輝きを

市公民館でおもちゃの病院
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
市おもちゃドクターの会のメンバーが修理にあたった
市おもちゃドクターの会のメンバーが修理にあたった

 壊れてしまった玩具を蘇らせる「公民館おもちゃの病院」が2月19日に座間市公民館で開かれた。6組の親子が持ち寄ったぬいぐるみなどを、「座間市おもちゃドクターの会」の会員らが修理した。

 この催しは公民館事業として、同館と東・北地区文化センターを会場に定期開催されているもの。子どもが壊してしまったり、動かなくなったおもちゃを、市民ら14人で構成される同会が修理してくれる。増茂(ますも)邦雄代表は「物を大切にする心を育み、修理を通じて科学の仕組みに関心をもってもらえれば」と事業への想いを話す。

 電車のおもちゃやラジコンなど、持ち込まれる種類は様々。19日は音が鳴るぬいぐるみの依頼が多く、会員らはドライバーやはんだごてを使いながら、じっくりと時間をかけて直していった。子どもたちとの会話も大切で、「壊れた原因や使っていなかった期間などを聞きながら作業を進めます」と増茂代表。「お礼の手紙をもらったこともあります。喜んでもらえるのが何より嬉しいですね」と話していた。

 次回は3月12日(土)に北地区文化センターで行われる予定。開催時間は午前10時から正午まで(11時30分で受付終了)。

 詳しい問合わせは同センター【電話】042(747)3361まで。
 

関連記事

powered by weblio


座間版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

混声ハーモニーを披露

混声ハーモニーを披露

シルバーコーラス・スマイル

6月15日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 大和
  • 海老名
  • 綾瀬
  • 座間
  • 厚木
  • 愛川・清川
  • 伊勢原