ホーム > 座間版 > ローカルニュース > 4月から行政組織を改正

座間

4月から行政組織を改正

「特定政策推進室」と「健康部」を新設
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加

 座間市では4月からスタートする「第4次座間市総合計画」の効果的な推進のために組織の見直しを図り、新しい行政組織での業務を4月4日(月)から開始する。

 今回の組織改正の狙いは【1】政策と部、施策と課を整合させることで総合計画との連携を図る【2】行政課題と市民ニーズの多様化に対応するために、効率的かつ効果的に事業推進を図る【3】課や係の名称を分かりやすくすることの3つを基本方針としている。これにともない2部署が新設され、課の総数が統合などでこれまでより5つ減少した。

 新たに設けられる部署は「特定政策推進室」と「健康部」の2つ。特定政策推進室は市政調査や基地対策といった特定の政策課題に機動的に取り組むことを目的としており、渉外課基地対策係が前身。

 健康部は、従来の保健福祉部を分割して新設される。健康づくり課と教育委員会スポーツ課も移行され、健康・保健・医療・介護を所管。健康づくりとしての市民体操やスポーツ振興、国保年金や介護保険に関する業務を推進する。この他、課では福祉部に保育課と生活援護課が新設される。

 詳しい問合せは文書法制課【電話】046(252)8263。
 

関連記事

powered by weblio


座間版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ひまわりフォト写真展

ひまわりフォト写真展

15会員の”感動”表現

2月19日~2月24日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 大和
  • 海老名
  • 綾瀬
  • 座間
  • 厚木
  • 愛川・清川
  • 伊勢原