ホーム > 座間版 > ローカルニュース > 情感たっぷりに熱演

座間

情感たっぷりに熱演

市民が演劇に挑戦
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
劇終盤には歌声を披露した
劇終盤には歌声を披露した

 座間市民が演劇を体験する講座「やっぱり、座間が好き!」の発表会が3月26日、サニープレイス座間で開かれた。参加者たちは「座間・このまちで」と題された劇を、アドリブを交えながら熱演した。主催は市生涯学習推進課。

 2月から全8回の日程で開かれていた同講座。集大成となる26日に披露した劇は、参加者が人生で体験したエピソードなどを取り入れたもの。発表会には観客も多数来場し、日本演劇教育連盟会員で講師のかめおかゆみこさんは冒頭、「参加者の感覚を大事にして劇を作り上げました。座間に住んでいることの空気感を楽しんで下さい」とあいさつした。

 劇は、思春期、20〜30代、30〜40代など年代別に分かれており、初恋、結婚、1人暮らしなどのエピソードが盛り込まれていた。演者はステージで動きまわりながら、失恋した時の悲しい気持ちや、孫が生まれた喜びを感情豊かに表現した。

 劇の最後には、かめおかさんが作詞、座間高校出身で青葉区小中高ミュージカルの金子忍さんが作曲した「このまちで」を全員で歌い上げ、観客からは大きな拍手が贈られていた。
 

関連記事

powered by weblio


座間版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

混声ハーモニーを披露

混声ハーモニーを披露

シルバーコーラス・スマイル

6月15日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 大和
  • 海老名
  • 綾瀬
  • 座間
  • 厚木
  • 愛川・清川
  • 伊勢原