ホーム > 座間版 > ローカルニュース > 山本氏が無投票で再選

座間

県議会議員選挙

山本氏が無投票で再選

11日に当選報告会
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
3期目への抱負を語る山本氏
3期目への抱負を語る山本氏

 任期満了に伴う神奈川県議会議員選挙の投・開票が4月10日に、県内各地で行われた。座間市選挙区は4月1日の告示日に、現職で2期目の山本俊昭氏(48歳)のほか、立候補の届出がなかったため、山本氏が無投票で再選を果たした。

 4月11日には、市内緑ケ丘で当選報告会が行われ、遠藤三紀夫座間市長や座間市議会議員らが駆けつけ、祝辞をおくった。支持者の前でマイクを握った山本氏は、「平日の昼間にもかかわらず、報告会に足を運んでいただき誠にありがとうございます。おかげさまで3回目の挑戦、3回目の選挙を無投票で当選することが出来ました」と報告。また、東日本大震災にも言及し、「皆様の期待される、安全・安心な取り組みをより一層、充実し、強化していきたいと思います」と話した。挨拶の最後には、「『市民の声を県政に』を忘れることなく、今後もまい進していきます」と力強く3期目の抱負を語った。

 報告会は被災地への配慮から、万歳や乾杯などの祝賀行事が自粛された。

県知事選挙投票率33・98%

 同じく10日に投開票された神奈川県知事選挙は、新人の黒岩祐治氏が当選。県全体での投票率は45・24%で、平成19年の選挙より、マイナス1・81ポイントとなった。座間市の投票率は33・98%。県平均より約11ポイント、前回選挙(41・48%)より7・5ポイント低い数字となった。開票区ごとの順位では、58区中の56位。
 

関連記事

powered by weblio


座間版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

座間の道を知る

座間の道を知る

市内の標柱集め展示

5月10日~6月4日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月18日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 大和
  • 海老名
  • 綾瀬
  • 座間
  • 厚木
  • 愛川・清川
  • 伊勢原