ホーム > 座間版 > 人物風土記 > 江川 説子さん

座間

神奈川フィルハーモニー管弦楽団のフルート奏者として活躍する

江川 説子さん

栗原中央在住 39歳
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加

一途な思いを音色に

 ○…震災の影響で多くのイベントが自粛されるなか、4月に座間市役所で行われたチャリティコンサートに、神奈川フィルハーモニー管弦楽団の一員として市民から唯一出演した。「私に出来ることは音楽で人を元気付けること」。強い意志とともにフルートを握る。同楽団は、5月13日(金)に県民ホールで東北支援チャリティコンサートを主催。音楽の持つ力を信じ、自身も参加する。「みんなを元気に」。思いはひとつだ。

 ○…徳島県の出身で3人姉妹の真ん中。幼いころからリコーダーが好きで、フルートを始めたのは小学6年生のとき。口下手だったこともあり、フルートで自分を表現することに夢中になった。中学に入り姉の影響でオーケストラ部へ入部。親元を離れ、香川県の音楽科のある高校へ進む。音楽大学の進学を機に上京し、その後卒業と同時に同楽団の門をくぐった。2000年に結婚した夫は、同楽団のホルン奏者。愛娘2人の育児のため1年近くフルートから離れたこともあったが、「1日休むも、1年休むも一緒。復帰するのに不安はなかった」と笑う。フルートを始めて約20年、音楽とは切り離せない人生だ。

 ○…夫に感化され始めたスキーが息抜き。道具も全て揃え、冬は白馬にも行く。また、こっそり教えてくれたが実はお酒好きで、晩酌で疲れをとることもある。1年間におよそ100本の演奏会をこなす秘訣なのかもしれない。

 ○…華やかさの影で経営難も叫ばれているオーケストラ。「音楽に触れ合う機会をなくしてはいけない」と署名活動に参加したこともある。また、10年程前、西表島で開催した演奏会では「自然と歌を口ずさむ島民の姿」に感動し、音楽の持つ力を身をもって感じた。13日のコンサートに向け、「喜びや感動で被災地を支援したい」と熱がこもる。「オーケストラにしかない厚みのある音を楽しんでほしい」。真っ直ぐな瞳でそう語った。
 

関連記事

powered by weblio


座間版の人物風土記最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

混声ハーモニーを披露

混声ハーモニーを披露

シルバーコーラス・スマイル

6月15日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 大和
  • 海老名
  • 綾瀬
  • 座間
  • 厚木
  • 愛川・清川
  • 伊勢原