座間版 掲載号:2011年10月14日号
  • googleplus
  • LINE

乳がんの理解深める 相模が丘で健康講座

社会

相模台病院の坂本外科医長が症状について説明した
相模台病院の坂本外科医長が症状について説明した

 乳がんについての理解を深めようと10月6日、健康講座「胸にしこりを感じたら」が相模が丘コミュニティーセンターで開かれ、近隣などから15人ほどの女性が来場した。

 同センターと北地区文化センターが共催した講座。昨年も実施され、乳がんに対する市民の関心が高いことから今年も企画された。講師は、相模台病院(市相模が丘)の坂本いづみ外科医長が務めた。

 坂本医長は講座で、乳房にできるしこりとして、30代から40代に多く見られる「乳腺症」、授乳期に生じやすい「乳腺炎」などを取り上げ、「乳房の異常の大半は、乳がんとは関係のない良性の病変です」と話した。一方で、悪性の乳腺腫瘍としての乳がんが、日本の女性の癌のなかで最も患者数が多いことや、約20人に1人が罹患(りかん)している現状を紹介。その上で、「早期に発見することが大切。定期的に検診を受けて欲しい」と呼びかけた。

 また、乳がんの検査方法にも触れ、X線で異常を調べる「マンモグラフィ検査」や、乳腺が萎縮していない40代以前の人に適した「超音波検査」を説明した。
 

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク