座間版 掲載号:2011年10月21日号
  • googleplus
  • LINE

ポエム、どりーむが優勝 ひまわりグルメ選手権 同票で並ぶ

社会

トロフィーを手にするポエムの安西賢一さん(右)と、パン工房どりーむの井上幸子さん(中央)と小澤佳代さん
トロフィーを手にするポエムの安西賢一さん(右)と、パン工房どりーむの井上幸子さん(中央)と小澤佳代さん

 市民の投票でグランプリを決める「ひまわりグルメ選手権」が10月16日に日産自動車(株)座間事業所で開かれた。昨年王者の洋菓子店(有)ポエムによる「ひまわりロールケーキ」と、初出場のパン工房どりーむの「サンフレッツ ひまわり焼きドーナツ」が同票でダブル優勝した。

 選手権は、同日に行われた「2011ひまわりフェスタ」の一環として企画されたもの。ひまわりにちなんだ、ご当地グルメの開発を通じて、地域の活性化を促す狙い。第2回となる今年は、市内外の店から11品のエントリーがあった。

2連覇

 表彰式で優勝が発表された瞬間を、「昨年のグランプリだったのでプレッシャーがありました。ホッとした気持ちでいっぱい」と振り返るのは、ポエム(入谷)の安西賢一さん。「ひまわりロールケーキ」は、黄色のシュー生地で、ひまわりの種を混ぜたスポンジを包んだ商品。当日の天候を考慮して、クリームの量を微調整するなど、直前まで試行錯誤を繰り返したという。また、商品の製造だけでなく販売にも力を入れており、「スタッフも元気よく、笑顔で接客してくれました」と安西さんは話していた。

初優勝

 初出場ながら、優勝トロフィーを手にしたパン工房どりーむ(ひばりが丘)。販売スタッフの井上幸子さんは、「とにかく驚きました」と振り返る。「ひまわり焼きドーナツ」は、同店でもともと人気の高かった焼きドーナツに、ひまわりハチミツと種を合わせたもの。井上さんは「年配の方々も『おいしい』と言ってくれました。多くの人たちに、喜んで食べてもらって嬉しいです」と満面の笑顔で話していた。

ひまわりフェスタ2万人が来場

 第6回目となった「ひまわりフェスタ」。今年は、「届け 被災地に ひまわりの写生に思いをこめて」をテーマに、子どもたちが描いたひまわり絵画2100点ほどが会場内に展示された。市内を中心に大勢の家族が訪れ、昨年の8000人を大きく超える2万1000人の来場があった。
 

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のトップニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク