座間版 掲載号:2011年10月28日号
  • googleplus
  • LINE

ひばり小に"おやじ文庫" 児童の父親たちが本を寄贈

文化

スポーツやアウトドアなどを中心に15冊を集めた
スポーツやアウトドアなどを中心に15冊を集めた

 子どもたちに本に親しんでもらおうと、「ひばり小おやじの会」(加藤修一会長)が10月22日、15冊の本を”おやじ文庫”としてひばりが丘小学校(尾崎幸利校長)に寄贈した。これらの本は、図書室内に設けられた「おやじ文庫コーナー」に配架される。

 ひばり小に子どもが通う父親やOBなど24人が在籍する同会。普段はなかなか接する機会の少ない父親同士の交流を深めるため、学校や地域の行事をサポートするなどしている。

 おやじ文庫のアイディアが出たのは、今年の春。これまでの活動を通じて得たお金を活用して、「子どもたちに何か恩返しを」と考えたのが始まりだった。ちょうどその頃、同校では児童と職員が毎朝10分間、本を読む「朝読」がスタート。読書活動により力を入れ始めた時期だった。こうした背景を受け、同会は本の寄贈を決めた。

 本の選定にあたっては、父親らしさを重視。プロサッカー・長友佑都選手とフィギュアスケート・浅田真央選手などのスポーツ分野のほか、「完全図解冒険図鑑 大冒険術」や「子どもたちよ、冒険しよう」などアウトドア関連の書籍を充実させた。また、短い時間で読める「10分で読めるお話」なども揃えた。寄贈する本には、「ひばり小 おやじ文庫 2011」と書かれた特製ステッカーを貼った。

寄贈式

 22日に同校で行われた寄贈式で、目録を受け取った尾崎校長は「今回のことも含め、日頃の活動に感謝しています」と話していた。加藤会長や同会メンバーは「ボロボロになるまで読んで欲しい。おやじ文庫で、子どもたちが何かに関心を持ったり、熱中したりすれば嬉しいです」と期待を寄せた。同会では今後も、年度ごとに本を贈る考えだ。
 

加藤会長(右)から尾崎校長へ本が手渡された
加藤会長(右)から尾崎校長へ本が手渡された

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のトップニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク