座間版 掲載号:2011年11月18日号
  • googleplus
  • LINE

神輿で想い1つに 入谷睦が松明あかしに参加

文化

座間と須賀川の市民が一緒になって担いだ
座間と須賀川の市民が一緒になって担いだ

 鈴鹿明神社神輿(みこし)保存会「入谷睦」(芥川薫会長)のメンバーらが11月12日、福島県須賀川市で行われた伝統行事「松明(たいまつ)あかし」に参加。須賀川市民と一緒に神輿を担ぎ、復興への想いを共有した。

 座間と都市間交流のある須賀川に、元気と活力を届けることが目的。市街で行われるパレードに合わせ、神輿を担いだ。

 渡御が始まった時の担ぎ手は、同保存会のメンバーと須賀川の消防団員など100人ほどだったが、盛り上がるにつれ、一般市民も多数参加。40分で、約200人が担いだ。沿道には、両手を合わせて涙を流す人の姿もみられ、芥川会長は「短い時間でしたが、座間市民と須賀川市民の気持ちがひとつになった。今後も支援活動を続けていきたい」と話していた。

 この日は、鈴鹿明神社の例大祭で集まった義援金が、熊切義和総代長から橋本克也須賀川市長へ手渡された。また、10月のひまわりフェスタで書かれた応援メッセージボードも届けられた。
 

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク