座間版 掲載号:2011年11月25日号
  • googleplus
  • LINE

ひと足早い年越しそば 蕎麦商組合が成光学園を訪問

社会

 座間市内の蕎麦屋20店が加盟する市蕎麦商組合(瀬川清光組合長)が11月16日、児童養護施設成光学園(矢部雅文施設長)を訪れ、児童にひと足早い年越しそばを振る舞った。

 年越しそばの習慣を楽しんでもらおうと、同組合が児童や職員にそばとうどんを振る舞う毎年恒例のイベント。今年で27回目を迎え、すべての費用を組合が負担し行われている。

 この日は加盟店から16人が参加。前日から仕込んだそばとうどん、およそ300杯を用意した。月見や海老天、ざるなどの中から好みの一杯を食した子どもたち。大きな海老天に歓声があがった。瀬川組合長は「子どもたちの喜ぶ顔をみられてうれしい」と話している。
 

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク