座間版 掲載号:2012年1月13日号
  • googleplus
  • LINE

市内在住女性漫画家 松久さんが単行本デビュー コミック誌に連載中の「最果警察」

デビュー作と、別の作品の下書きや原稿
デビュー作と、別の作品の下書きや原稿

 座間市在住の女性漫画家、松久倖(こう)さんが昨年12月、自身初となる単行本「最果警察」の第1巻(発行所/(株)マッグガーデン)を出版した。月刊コミック アヴァルスに2010年10月から2011年11月まで連載された分を収録。

 「最果警察」は同誌に10ページにわたり毎月連載されている。東京の端にある交番が舞台で、2人の警察官の周りで起きる奇妙な出来事を描いたギャグ漫画だ。

 松久さんはデビューまでを振り返り「何社もの出版社に直接持ち込んだり、コミック誌に応募したりなど大変だったが形として残って嬉しい。母が10冊以上買って知り合いに配ったり、家族も喜んでくれた」と話した。

 松久さんは名古屋市出身の26歳。小学生の頃、姉の影響で漫画に興味を持ち始めたそうだが、本格的に描き始めたのは短大時代。周囲のプロを目指す人と比べると、始めるのは遅かったという。短大の漫画コースを卒業後、本格的に漫画家を目指すため5年前に都内に近い座間へ移り住んだ。プロのアシスタントで経験を積み、2010年から最果警察の連載をスタート。現在は市内のスーパーでアルバイトをしながら執筆をしている。また、日頃からお笑い芸人のトーク番組や映画などを参考にして、作品に生かすという。

 人気漫画「聖☆おにいさん」の著者中村光さんを尊敬しているそうで、「今後はストーリー性のある長編やホラーなどにも挑戦したい」と語っている。

 最果警察は都内大型書店、またはインターネットサイトで購入できる。
 

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のトップニュース最新6件

太公望にんまり アユ活況

指導者でパラ五輪めざす

三田村宗明さん(座間在住)

指導者でパラ五輪めざす

6月1日号

ヒマワリで新名産品を

自宅を「プチ美術館」に

河本慶子さん

自宅を「プチ美術館」に

5月25日号

保全活動、着実に前進

座間のホタルを守る会

保全活動、着実に前進

5月18日号

合同チームで県央V

座間・東中男子バレー

合同チームで県央V

5月18日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク