座間版 掲載号:2012年2月3日号
  • googleplus
  • LINE

市民活動サポートセンター ふれあい会館へ移転 より身近に サービス内容を充実

社会

明るく開放的な室内
明るく開放的な室内

 市民による自発的な社会貢献活動を支援する「座間市民活動サポートセンター」が、サニープレイス座間からふれあい会館1階へ移り、1月28日、開所式が行われた。フリースペースが広がったほかインターネット環境を整備。4月からはロッカーやレターBOXが利用できるようになる。

 市民の要望に応え、サービス内容をより充実させるための移転。式には遠藤三紀夫市長、小野たづ子議長、市議会議員が多数訪れ、開所を祝った。市民活動サポートセンター運営委員会の小池秀司委員長が「皆様の理解に感謝し、より良いサポートセンターに育てていきたい」とあいさつ。施設の内覧会も行われた。

 センターの前身は2005年、市公民館2階に設立された「市ざま生涯学習活動サポートセンター」。3年後に現在のセンターに発展し、サニープレイス3階の一室で事業を行ってきたが、話し合いの場などに使うフリースペースの狭さや、インターネット環境に改善を求める市民の要望が多く、当時閉鎖中だったふれあい会館の喫茶スペースの活用が決まった。

 施設面積が約34平方メートルから約120平方メートルに拡大。円形のフリースペースには5つのブースが並び、最大25人を収容できる(要予約)。設置パソコン2台に加え、持ち込みパソコンが4台同時にネット接続可能。バリアフリーで、省エネのため施設内はLED照明に。4月からは有料のロッカー16台と、レターBOX120ケースが利用できる。移転に伴う費用は総額およそ585万円。

 サポートセンターは、同委員会により運営される公設民営の任意団体。「あなたの…したいを応援します」を掲げ、相談受付や情報提供を行っている。具体的にはボランティアをしたい、助成金情報を知りたいといった声に応え、団体設立時の利用規約の作り方や会計処理といったノウハウも提供する。利用には登録が必要。現在251団体が登録している(1月末時点)。問い合わせは同センター【電話】046・255・0201。
 

来賓によるテープカットも
来賓によるテープカットも

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のトップニュース最新6件

太公望にんまり アユ活況

指導者でパラ五輪めざす

三田村宗明さん(座間在住)

指導者でパラ五輪めざす

6月1日号

ヒマワリで新名産品を

自宅を「プチ美術館」に

河本慶子さん

自宅を「プチ美術館」に

5月25日号

保全活動、着実に前進

座間のホタルを守る会

保全活動、着実に前進

5月18日号

合同チームで県央V

座間・東中男子バレー

合同チームで県央V

5月18日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク