座間版 掲載号:2012年2月3日号
  • googleplus
  • LINE

市消防本部 災害現場での対応力を養う 旧日産座間寮で訓練

社会

粉塵の舞うなか、進入口を作る隊員
粉塵の舞うなか、進入口を作る隊員

 実際の建物を舞台に、災害時の実践力や対応力を養おうと、座間市消防本部が1月30日と31日、訓練を実施した。市内栗原の旧日産座間寮で行われ、隊員らは、専用の道具を用いながら救助訓練にあたった。

 この訓練は、建物を壊すことで、強度や重量などを体験し、安全で迅速な人命救助活動を目指すことが目的となる。資器材の検証、今後の活動への改善点を見つける狙いもあるという。実際の建物を使った訓練の機会は少なく、市消防本部が最後に実施したのは2005年。

 訓練は、震災によって室内に閉じ込められた人を救出するという想定で実施。隊員は、電動のこぎりに似た道具「ハスクバーナー」や、ドリルのような「パクハンマー」を使いながら、壁や床に進入口を作り、救助に向かった。また、重いがれきは、要救助者の安全を第一に、てこの原理で慎重に持ち上げるなどした。

 2月5日(日)には、消防団員も旧日産座間寮で訓練を行う予定。
 

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のローカルニュース最新6件

アジサイ・ハナショウブ

姉妹で柔道関東大会へ

沼沢姉妹(東原在住)

姉妹で柔道関東大会へ

6月1日号

地域が抱える課題に対応

地域の安全活動を称える

消防団サポートへ団結

3年ぶり優勝

イエロースネークス

3年ぶり優勝

6月1日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク