座間版 掲載号:2012年2月10日号
  • googleplus
  • LINE

生命の大切さ伝える メッセージ展に1383人

一つひとつ時間をかけて見る来場者
一つひとつ時間をかけて見る来場者

 「生命(いのち)のメッセージ展in座間〜私たちが子どもに伝えたいこと〜」が2月4日にハーモニーホール座間で開催された。主催はおやとも会・生命のメッセージ展in座間実行委員会(長瀬未紗代表)と座間市。

 この日は、1383人が参加、来場し、ピアノ演奏が響きわたる会場の展示を丁寧に見ていた。会場には理不尽に命を奪われた被害者の等身大のパネル145点と写真、家族からの言葉、靴を添えたものを展示。また、同展が始まるきっかけとなった事故を題材にした映画「0(ゼロ)からの風」の上映や子どもたちの描いた作品展も行われた。

 来場した市内の女性は「自分にも子どもがいるので、胸に迫るものがある」と涙を拭っていた。また、長瀬代表は「多くの方に参加していただき本当に嬉しいです」と話した。
 

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク