座間版 掲載号:2012年2月24日号
  • googleplus
  • LINE

2012年度市の予算案 一般会計は353億円に 4年ぶりの前年度マイナス

社会

厳しい財政状況の座間市
厳しい財政状況の座間市

 座間市は2月20日、2012年度当初予算案の概要を発表した。一般会計は、前年度から約12億7000万円減り、352億8517万円に。4年振りの前年度マイナスとなる。

 歳入では、市税が前年度から約5800万円増え、173億1374万1000円と見込まれている。内訳をみると、個人市民税がほぼ横ばいだったのに対し、法人市民税が約20%増の9億3582万8000円となる見通し。市財政課によると、震災や円高の影響があったものの、新興国向けの輸出や経費節減などの企業努力によって、法人税が増加したという。

 前年度から大きく減ったのは、地方交付税と国庫支出金で、それぞれ7・6%、12%のマイナス。

 歳出では、ここ数年急増していた扶助費が、マイナス2・8%の105億1996万4000円となる見込み。これは、子ども手当の支給に関する事業費が5億8000万円ほど減ることが要因で、生活保護や生活介護の事業費は増加している。

防災・減災に配慮した事業

 市では「ともに織りなす活力と個性 きらめくまち」を目標に、新年度の主要事業を掲げた。震災を受けて防災・減災に重点を置いており、新規事業として、小学校や中学校に保存用カンパンや非常用電源装置などを整備する予定(170万円)。継続事業として保育所の耐震化の推進(8700万円)、拡充事業として木造住宅耐震診断と耐震改修事業(1200万円)がある。

 そのほかの新規事業として、小・中学校へのエアコン設置(2900万円)、児童福祉法の改正に伴う障がい児への支援(6000万円)、座間・海老名・綾瀬での消防指令業務共同化に向けた準備(3200万円)などがある。
 

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のローカルニュース最新6件

アジサイ・ハナショウブ

姉妹で柔道関東大会へ

沼沢姉妹(東原在住)

姉妹で柔道関東大会へ

6月1日号

地域が抱える課題に対応

地域の安全活動を称える

消防団サポートへ団結

3年ぶり優勝

イエロースネークス

3年ぶり優勝

6月1日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク