座間版 掲載号:2012年4月20日号
  • googleplus
  • LINE

「興龍」に命吹き込む 大凧の文字が完成

社会

墨入れをする子どもたち
墨入れをする子どもたち

 5月4日(金)と5日(土)に相模川グラウンドで開かれる「座間市 大凧まつり」に向けて、大凧の文字書きと墨入れが4月14日に座間小学校体育館で開催された。子どもたちが、鈴木史生さんが考案した凧文字「興龍」を完成させた。

 文字書きと墨入れは、大凧を作る工程において重要な作業となる。作業の難関である下書きは、座間市大凧保存会(鹿野正士会長)の会員が担当。ミニチュアサイズの凧を参考にしながら、マスにそって丁寧に文字を書き込んだ。

 墨入れ作業では、日本ボーイスカウト神奈川連盟県央地区座間第3団のメンバーと市内の小学生、合わせて30人ほどが参加。同会の会員のアドバイスを受けながら、はけを使って色づけした。
 

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク