座間版 掲載号:2012年6月22日号
  • googleplus
  • LINE

少年野球チームイエロースネークス 激戦制して初優勝 学童軟式野球大会の県予選

スポーツ

歓喜に沸く選手、コーチ、保護者(写真提供/イエロースネークス)
歓喜に沸く選手、コーチ、保護者(写真提供/イエロースネークス)

 「高円宮賜杯(たかまどのみやしはい)全日本学童軟式野球大会」の県予選の決勝戦が、6月16日に川崎市の大師少年野球場で開かれ、相武台東小学校を拠点に活動する「イエロースネークス」が、向丘サンダース(川崎市)との激戦を制して初優勝を果たした。8月には全国大会へ出場する。

 同大会の県予選は、6月2日から16日までの日程で開かれ、県内の予選を勝ち抜いた32チームが参加。スネークスは、4月の「座間市春季学童軟式野球大会」で優勝し、県予選への出場を決めていた。

 スネークスは、1回戦で清川緑リトルスターズを、2回戦で大和クラブジュニアを、3回戦で今井西町子ども会野球部を下して、大会最終日まで勝ち進んだ。16日は、準決勝と決勝を連続して実施。準決勝では、厚木ニューウェーブを12対0の大差で下した。決勝の相手は、川崎を地元とする向丘サンダースだった。

 決勝は、2回表にスネークスが2点を先取。3回と4回にもチャンスが訪れたが、得点を追加できなかった。チャンスを活かせない展開が続くと、5回裏のツーアウトから大量5失点をしてしまう。しかし、ここからスネークスの粘り強さが発揮される。嫌な雰囲気で迎えた6回表の攻撃、7番の五明寛太選手が安打で出塁すると、3点を奪い返し、試合を振り出しに戻した。同点のまま迎えた特別延長(ノーアウト満塁からスタート)では、9番の内野源希選手の二塁打を皮切りに、一挙6点の猛攻。裏の相手の攻撃は、113球を投げ切った石塚大樹投手が2点に抑え、優勝を決めた。

 キャプテンとしてチームをまとめた野中佑翔選手は、「優勝した瞬間は信じられなくて、頭の中が真っ白になりました。表彰式で金メダルをもらって初めて実感しました」と振り返る。チームの監督に就任して12年目となる杉山辰己監督は「全国出場を目標に頑張ってきた。優勝できて本当に嬉しい」と喜ぶ。

 スネークスは、1995年から2011年までの間に14度、県予選に出場している。これまでの最高成績は、2002年と2005年の準優勝。どうしても、決勝の壁が打ち破れなかった。今年は、座間市春季学童軟式野球大会が例年より早く閉会したため、県予選への準備をじっくりできたことが大きかったという。この期間中に、県内各地の強豪との試合を繰り返したことで、チームに粘り強さ、我慢強さが生まれた。

 また、16日の準決勝と決勝には、ジュニア(4年生以下)の選手や保護者などが多く駆け付けた。チームカラーの黄色のタオルを持っての応援が、大きな後押しとなったという。

 全国大会は8月12日(日)から東京で開催され、各地の予選を勝ち抜いた51チームが参加する。初舞台を前に、野中選手は「まずは1勝を目指します。全力を出して頑張ります」と力強く語っていた。

8月から全国大会3度目にして決勝の壁破る

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のトップニュース最新6件

太公望にんまり アユ活況

指導者でパラ五輪めざす

三田村宗明さん(座間在住)

指導者でパラ五輪めざす

6月1日号

ヒマワリで新名産品を

自宅を「プチ美術館」に

河本慶子さん

自宅を「プチ美術館」に

5月25日号

保全活動、着実に前進

座間のホタルを守る会

保全活動、着実に前進

5月18日号

合同チームで県央V

座間・東中男子バレー

合同チームで県央V

5月18日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク