座間版 掲載号:2012年9月21日号
  • googleplus
  • LINE

種から希望の芽を 福島へ350kgを贈呈

約350kgを贈呈した
約350kgを贈呈した

 市内の畑で収穫したひまわりの種を、福島県の「JDF被災地障がい者支援センターふくしま」と被災地交流サロン「しんせい」へ送る贈呈式が9月18日、座間市役所前広場で行われた。

 式には、同センターの白石清春代表と、しんせいの富永美保さん、ボランティアの梅内林太郎さん、市内からは種の採取に関わった20人が出席。「福島県障がい者就労支援『ひまわりの種』送付協力実行委員会」の星野勝司実行委員長から、種が手渡された。送られた種は、9月8日に市民約300人によって採取されたもの。約350kgにのぼり、米袋26袋になった。

 星野委員長は「一生懸命採取しました。役に立てるとうれしい」と期待を寄せた。白石代表は「こんなにたくさんの種を、ありがとうございます」と話していた。種は、東日本大震災の影響で農作業の職を失っている障がい者へ届けられ、「ひまわり油」などの材料として活用される。
 

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク