座間版 掲載号:2012年9月28日号
  • googleplus
  • LINE

創立35周年を迎えた「合唱団すみれ」の代表を務める 松原 重明さん 東原在住 74歳

ハーモニーこそが喜び

 ○…北地区文化センターで1977年に創立した「合唱団すみれ」。35周年を迎え、記念演奏会を開催する。80代のメンバーが5人おり、平均年齢は74歳。現在は32人で活動する。老人ホームへの慰労訪問や、年に数回の発表会に向けて毎週火曜日に練習している。創立当時からの指導者である奥田紘治さんの丁寧な教えのもと、「やさしい声」で歌う人も聞く人も楽しめるハーモニーを奏でる。

 ○…合唱団に入り、13年。代表を10年以上務めている。若い頃は、新宿の歌声喫茶に通ったり、カラオケも好きで昔から歌に親しんでいた。妻のサークル活動の送り迎えで文化センターを訪れたとき、合唱団の活動を目にした。歌が好きだったこともあり、妻と一緒に入団。退職後の楽しみとなった。バスのパートを担当し、練習のテープを自宅で聞きながら復習する。「『譜面が読めない』と不安な人もいるけれど、合唱はひとりじゃない。全員で作りあげるもの」と、ハーモニーを大切にする。すみれで歌う曲は「親しみがあり、どこかで聞いたことのある歌が多い」ことで、さらに歌うことが楽しくなるという。また、毎年秋の市民音楽祭では「他の合唱グループの実力を知ることができる」と、目標があるからこそ頑張れる。

 ○…横浜の出身。1970年に座間へ。息子2人は独立し、現在は妻と暮らす。孫娘5人の成長が一番の楽しみ。リビングの壁には、七五三や日常の写真がびっしり。また観光が好きで、北海道から沖縄まで日本国内は、ほぼ旅した。保全業務の仕事では、ワープロを使いこなし、合唱団のパンフレットもすべて手掛ける。

 ○…「先生にほめられるとうれしくてね」と微笑む。入団したメンバーは、どんどん若くなっていくという。「特に女性は見た目も、服装も変わる」と驚く。大きな声で楽しく歌うことで、気持ちも明るくなるそう。「健康」と「楽しさ」を大切に、”合唱”し続ける。
 

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版の人物風土記最新6件

齋藤 通泰(みちやす)さん

座間市消防団の団長に就任した

齋藤 通泰(みちやす)さん

6月1日号

関 伴治さん

座間市老人クラブ連合会「ソレイユざま」の会長に就任した

関 伴治さん

5月18日号

青木 賢太さん

「わんぱく相撲座間場所」を主催する座間JCの青少年健全育成委員長を務める

青木 賢太さん

5月4日号

谷口 晃生さん

25周年を迎える「イオンシネマ海老名」で総支配人を務める

谷口 晃生さん

4月27日号

加藤 拓也さん

イオンモール座間のゼネラルマネージャーを務める

加藤 拓也さん

4月20日号

鈴木 恵子さん

4月1日付けで座間市商工会の事務局長に就任した

鈴木 恵子さん

4月13日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク