座間版 掲載号:2012年9月28日号
  • googleplus
  • LINE

遠藤市政 郷土座間 どう実現 デスク・レポート

社会

 ▽任期満了に伴う市議会議員選挙が9月23日に投開票され、23人の顔ぶれが決まった。一方、市長選挙は16日の告示日に現職以外に届け出がなく、遠藤三紀夫氏が再選を果たした。市制が施行されてからの首長選挙では初。町制にさかのぼっても、48年振りの無投票当選になる。

 ▽今回の市長選挙は、6月の市議会で現職が出馬を表明してからは、対抗馬が出る動きもなく推移した。8月の事前説明会には、議長経験のある鈴木健治氏が、「無投票は市民の利益にならない」として出席したが、同月8日に出馬を断念。二元代表制を担う議会からも対立軸は出ず、争点となる要素も示されることはなかった。

 ▽4年前、市長選挙に初挑戦した遠藤氏は、わずか1110票差で次点候補を振り切り当選した。1期目を振り返ると、義務的経費の増加によって、政策実現に使う予算が限定されるなど、独自色を打ち出しにくい4年間だった。そのなかで、市民と行政が一体となって課題解決に取り組む「座間市相互提案型協働事業」を2011年度からスタートさせ、協働の風土をもたらした。さらに、国への働きかけによって、キャンプ座間の土地の一部返還が現実のものとなり、病院を誘致する環境が整ったことは、近隣に比べ病床数が少ない座間市にとって大きな一歩といえる。

 ▽しかし、これらの成果や2期目で取り組む重点事業が市民に示され、異なる主張のなかで信任を得ることは叶わなかった。遠藤氏も、今月24日に開かれた選挙報告会で、「複雑な心境がある」とした上で、「市民からあらゆるご意見をいただきながら、自分の考えを披露したかった。また多くのご批評をいただきながらスタートを切りたかった」と心情を吐露した。

 ▽遠藤氏は、1期目の所信表明で「個性豊かな郷土座間の実現」を掲げた。また、今回の市長選挙に向けて作った法定ビラのなかでも、「かけがえのない郷土座間の進化・発展」をあげていた。2期目の遠藤市政は、10月1日からスタートする。所信表明は、就任後初となる定例議会で行われる見込みだ。そのなかで遠藤氏が「郷土座間」の実現と発展に向けて、どのような具体策を打ち出すのか、注目していきたい。
 

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のローカルニュース最新6件

アジサイ・ハナショウブ

姉妹で柔道関東大会へ

沼沢姉妹(東原在住)

姉妹で柔道関東大会へ

6月1日号

地域が抱える課題に対応

地域の安全活動を称える

消防団サポートへ団結

3年ぶり優勝

イエロースネークス

3年ぶり優勝

6月1日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク