座間版 掲載号:2012年11月16日号
  • googleplus
  • LINE

大災害に備える 消防団が非常招集訓練

社会

エンジンカッターで鉄パイプを焼き切る訓練
エンジンカッターで鉄パイプを焼き切る訓練

 大規模災害に迅速に対応できる体制を強化しようと11月9日、「消防団非常招集訓練」が市消防本部の訓練場で開かれ、市内全ての消防団と立野台地区女性消防隊が参加した。

 現在、市内には5つの分団と16の支部があり、218人の団員が在籍している。訓練は、災害発生時の即応体制を確認し、向上させようと毎年実施。今年の訓練は大規模災害によって土砂崩れが発生し、家屋の倒壊、要救助者が出ているという想定のもと行われた。

 「情報伝達訓練」では、10月に導入されたばかりのデジタル簡易無線機を活用。本部と消防団の双方向で情報伝達を行った。「資機材取扱い訓練」では、エンジンカッターや排水ポンプの取り扱い方法を学んだ。また土のう作成訓練では、消防本部の署員が団員にアドバイス。効率的な積み上げ方、水の侵入を防ぐ方法を教えていた。

 講評で田中賢一消防団長は「資機材の取扱いもきわめて良好だった。今後も市民の安全と安心を守って欲しい」と話していた。
 

講評する田中団長
講評する田中団長

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク