座間版 掲載号:2012年11月16日号
  • googleplus
  • LINE

松明で灯す復興の光 座間あかまつ会 須賀川へ

社会

須賀川の火祭り「松明あかし」に参加した
須賀川の火祭り「松明あかし」に参加した

 座間と交流のある福島県須賀川市の復興を支援しようと、市民有志による「座間あかまつ会」(濱野真一会長)が11月10日、須賀川で420年以上続く火祭り「松明(たいまつ)あかし」に参加した。同会と須賀川青年会議所が合作した大松明が燃やされ、復興への灯を掲げた。

 この大松明は高さ8m、直径2mほど。交流を図れるようにと、同会の会員が10月から須賀川を訪れ、材料となる茅集めや製作に携わった。

 この日は同会のほか、協力団体のメンバーも含めて20人ほどが参加。午後6時50分頃に頂点に火がつけられると、大松明は1時間ほどかけて大きく燃え盛った。

 8月に結成された同会。須賀川との交流活発化や、座間で支援の輪を広げることを目的としている。濱野会長は「将来的な夢として、座間で作った松明で祭りに参加できるようになれば」と期待していた。
 

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク