座間版 掲載号:2012年11月30日号
  • googleplus
  • LINE

ラリー形式で防災のイロハ学ぶ 講座に市民70人

社会

心臓マッサージに挑戦する参加者
心臓マッサージに挑戦する参加者

 スタンプラリー形式で防災の知識を深める「防災・減災活動体験講座」が、11月23日に相模野小学校で開かれ、地域住民や関係者など約70人が参加した。主催は、ざま災害ボランティアネットワーク(濱田政宏代表)と座間市。

 ロープワーク、三角テントの設営、水の運搬、非常食など8項目を体験する講座。参加者が自由に選び、回る仕組みで行われた。心肺蘇生法を学ぶブースでは、人工呼吸と心臓マッサージを体験。マッサージによって骨が折れてしまうこともあるが、スタッフは「皆さんの行動が、何より大切な命を救うことにつながります」と勇気を持つことの大切さを強調した。

 初めて受講したという座間養護学校の古川和彦教諭(58)は「震災発生時はパニックになるはず。頭で覚えるのではなく、何度も繰り返し練習して体で覚えることが重要だと感じました」と話していた。
 

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク