座間版 掲載号:2012年12月14日号
  • googleplus
  • LINE

岸有紗さん(座間市) 横浜マラソンで初優勝 自己ベストを大幅に更新

スポーツ

記録状を手に嬉しそうな岸さん
記録状を手に嬉しそうな岸さん

 12月2日に開かれた「第32回横浜マラソン大会」の登録ハーフマラソン女子の部で、市内在住の岸有紗さん(25)が初出場にして自己ベストを更新し、優勝に輝いた。

 山下公園周辺をコースに、およそ9500人が参加した同大会。走力のある人を対象にした登録ハーフマラソン女子の部には、49人が参加した。

 「何かの間違いかと思いました」。優勝した瞬間を、そう振り返る。実は2位でゴールしたと思っていた。結果速報を見て優勝に気付いたという。表彰台に上がりメダルや記念品をもらって実感がわいた。「うれしかった」と顔をほころばせる。

 自己ベストを3分更新した。10Km通過時点のタイムは39分24秒で、予定より2分も早いペース。「飛ばし過ぎたかも」と頭をよぎったが、後半も失速することなく走り抜けた。結果は1時間24分2秒。国際大会への出場資格となる1時間30分もクリアした。

 今年に入り、表彰台に絡むレースが増えた。ベジタブルマラソンと秩父の森ロードレースで優勝。湘南国際マラソンでもフルマラソン一般女子の部に出場し、4位入賞した。成長の要因は練習スタイルの変化。これまでは大会に照準を合わせて練習していた。今は、普段から厳しいメニューをこなし、基礎の走力を底上げしている。

「自然体で」

 中学から陸上を始めた。現在は(株)協林(横浜)に勤務しながらランナーとして活動する。陸上やサッカー教室を開く「NPO法人スポーツクラブ1994」(寒川町)にも所属し、中学生を指導する。競技者だけでなく、指導者の顔も併せ持っており、「頑張れば結果が出ることを、子どもたちに伝えたい」と話す。

 来年は2月の東京マラソンに出場する予定。更なる活躍が期待されるが、肩肘はらず自然体でいることが岸さんのスタイル。「応援してくれる人のために結果を出したい。でも、結果だけにとらわれても良くない。バランス感覚を持って、楽しみながら走りたいです」と微笑みながら語った。
 

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のトップニュース最新6件

太公望にんまり アユ活況

指導者でパラ五輪めざす

三田村宗明さん(座間在住)

指導者でパラ五輪めざす

6月1日号

ヒマワリで新名産品を

自宅を「プチ美術館」に

河本慶子さん

自宅を「プチ美術館」に

5月25日号

保全活動、着実に前進

座間のホタルを守る会

保全活動、着実に前進

5月18日号

合同チームで県央V

座間・東中男子バレー

合同チームで県央V

5月18日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク