座間版 掲載号:2012年12月21日号
  • googleplus
  • LINE

座間市人権擁護委員会の会長を務める 森田 洋一さん 南栗原在住 73歳

まっすぐ向き合う

 ○…近所のトラブルやいじめ、虐待や暴力など人権に関する相談や啓発活動を行う「市人権擁護委員会」。入会して13年、会長を務め4年。誰もが人間らしく生きていけるよう、活動を続ける。来年1月には、フォトジャーナリストを招き、戦場で傷ついた子どもの人権についての講演会を、市と市教育委員会と開催する。

 ○…現在の会員は7人。人権擁護委員の日や人権週間、毎月の相談会などに加え、自宅でも電話の受付をしている。「よろづ相談で、どんなことでも人権につながる」と、相談者の声に真摯に耳を傾ける。助言のほか、県の法務局とタイアップして、よりよい解決法を考える。「『相談してよかった』と言われると、ほっとするよ」と微笑む。定年退職後に声を掛けられ入会。本を読んで知識を深め、さらに何度も研修に参加し相談事例などを学んだ。「人権は身近な問題。命や自由、日常生活にとって重要な認識」と呼びかける。

 ○…生まれも育ちも座間。現在は妻と暮らす。県庁の職員として、県税事務所に勤務していた。差し押さえや脱税追跡、財産捜索などに携わった。「忠実に没頭してやるだけ」と、夜中まで歩き回ることも。「税は国民の義務。お金が無くても払う人、あっても払わない人がいた」と、様々な人間模様を目にしてきた。そんな父親の姿を見て育った娘は、税理士として活躍している。多忙な日々を送り、15年前に念願の畑栽培を始めた。毎日畑に行き、収穫した野菜を近所に配ることが楽しみ。「おいしかった」という言葉が、さらに野菜作りを後押しする。

 ○…子どもの頃にいじめられた経験から「負けられない」と、柔道をはじめ黒帯を取得した。「踏まれても根強くしのべ道芝よ やがて花咲く春がくるらむ」を常に心に留める。子どものいじめ問題にも目を向け、ミニレターで相談を受け付ける活動も行う。「まずは気軽に相談してほしい」と、活動の周知に力を注ぐ。
 

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版の人物風土記最新6件

齋藤 通泰(みちやす)さん

座間市消防団の団長に就任した

齋藤 通泰(みちやす)さん

6月1日号

関 伴治さん

座間市老人クラブ連合会「ソレイユざま」の会長に就任した

関 伴治さん

5月18日号

青木 賢太さん

「わんぱく相撲座間場所」を主催する座間JCの青少年健全育成委員長を務める

青木 賢太さん

5月4日号

谷口 晃生さん

25周年を迎える「イオンシネマ海老名」で総支配人を務める

谷口 晃生さん

4月27日号

加藤 拓也さん

イオンモール座間のゼネラルマネージャーを務める

加藤 拓也さん

4月20日号

鈴木 恵子さん

4月1日付けで座間市商工会の事務局長に就任した

鈴木 恵子さん

4月13日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク