座間版 掲載号:2013年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

医療レポート 「認知症かな?」と思ったら 取材協力/たなかクリニック(大和市)

 厚生労働省の発表では、認知症高齢者が305万人に達したという。2002年では149万人だったことを考えると、たった10年で倍増したということになる。「もしかして認知症では?」と思った時、どうすればいいのだろうか?認知症を専門分野とする、たなかクリニックの田中千彦院長に話を聞いた。

まずは、早期発見

 ご家族や、親戚、ご近所に、少し前のことが思い出せない、料理や運転のミスが増えた、同じ話を何度もする、同じ買い物ばかりする方がいたら要注意。

 「歳のせいだろうと放置するのが最も危険です。早期発見、早期治療が大切、お気軽に相談下さい。脳疾患かの鑑別も、すぐに頭部CTの撮影が可能ですから判断がつきます」と田中院長。

介護の負担軽減

 田中院長は、大和市介護認定審査会の委員を務め、介護サービスをより迅速で、より便利に実施できるよう働きかけている。

 昨年は大和市の地域包括支援センターで、介護者が参加できる講演会を3回開催するなど、より地域に密着した活動を行っている。

 「患者さん・ご家族・介護施設・クリニックがサポートの輪を充実させ、介護者の負担を少しでも軽減することが目標です。妄想、徘徊、暴言などでお困りの場合にも、できる限りの対応をいたします」と同院。
 

CTで当日検査も可能
CTで当日検査も可能

たなかクリニック

神奈川県大和市桜森3-7-18

TEL:046-200-3322

http://www.zutsuu-tanaka.jp/index.html

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のピックアップ(PR)最新6件

「やらなきゃに縛られない」

座間市栗原中央

「やらなきゃに縛られない」

5月25日号

ふとんなら「寝具のイノクマ」

創業50年の実績 保存版

ふとんなら「寝具のイノクマ」

5月18日号

今さら聞けない家族葬

葬儀Q&A【13】

今さら聞けない家族葬

5月18日号

清々しい新緑を満喫

座間谷戸山公園

清々しい新緑を満喫

5月18日号

腰痛専門の治療院

潰れている人も、切らなきゃ無理といわれた人も

腰痛専門の治療院

5月4日号

婦人科を開設予定

座間総合病院

婦人科を開設予定

4月27日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク